RKB毎日放送

番組表

櫻井 浩二のコラム

アナ★ザ★ワールド > 櫻井 浩二 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

櫻井 浩二

誕生日

7月19日 かに座

出身地

静岡県浜松市

血液型

O型

自己分析グラフ

趣味・特技

ゴルフ、釣り

好きな○○

好きなアーティスト:
槇原敬之
私が聴く音楽はこれだけといっても過言ではありません。
季節・時間・天気、その日の気分によって聴きたい曲は変わりますが「LOVE LETTER」と 「ANSWER」はおススメですよ。

ちょっと一言

月~金は朝4時起きで『櫻井浩二インサイト』、週末はスポーツ実況。
ジャンルは違えど、目指すは「思わず身を乗り出してしまう面白い放送」です。
二天一流のマイクは、どこかでつながっている?!

バックナンバー

[+] 2019年11月
[+] 2019年10月
[+] 2019年09月
[+] 2019年07月
[+] 2019年04月
[+] 2019年01月
[+] 2018年12月
[+] 2018年11月
[+] 2018年10月
[+] 2018年06月
[+] 2018年03月
[+] 2018年02月
[+] 2018年01月
[+] 2017年11月
[+] 2017年10月
[+] 2017年09月
[+] 2017年06月
[+] 2017年01月
[+] 2016年08月
[+] 2016年06月
[+] 2016年03月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年10月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年04月
[+] 2015年02月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年01月
[+] 2013年10月
[+] 2013年06月
[+] 2013年05月
[+] 2013年03月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年11月
[+] 2012年09月
[+] 2012年08月
[+] 2012年06月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年10月
[+] 2011年07月
[+] 2011年05月
[+] 2011年04月
[+] 2011年03月

初めての朗読バスツアー(2019/11/26)


 12月21日(土)、RKBアナウンス部初の試みが行われます。

 

食事や観光地巡りをしながら、我々の朗読を楽しんでもらおうという

「朗読バスツアー」が催行されるのです。

 

今回は、途中で立ち寄る2か所で朗読会が開かれます。

 

 

小倉・博多発

  ↓

久留米道の駅でお買い物

  ↓

バイキングの昼食

  ↓

大刀洗平和記念館(朗読タイム①)

  ↓

今村天主堂(朗読タイム②)

  ↓

博多駅クリスマスマーケット

  ↓

博多・小倉着

 

 

朗読タイム①  戦争をテーマにした朗読

「大刀洗平和記念館」では、戦争をテーマにした作品を朗読します。

読み手は茅野正昌アナウンサーともう一方、素敵な方が登場されます。

戦争の悲惨さを伝えていこうと、

朗読ボランティアを40年以上続けている竹中圭子さんです。

今回は5000回以上朗読した、「ほたる」という

特攻隊員の悲しいお話を朗読してくれます。

 

 

朗読タイム②  クリスマス朗読会DSC_0613

クリスマスをテーマにした作品を、

池尻和佳子・武田早絵・佐藤巧が

朗読します。

 

国の重要文化財に指定されている

今村天主堂で、ツアー参加者の

ためだけに行われる朗読会です。

 

こんな貴重な機会も

なかなかありませんよ。

 

 

 

ちなみに私は2回の朗読タイムはともに司会進行を担当します。

ひょっとしたら、朗読に参加することもあるかも・・・

 

12月21日(土)開催の朗読バスツアー、料金は9990円です。

お申し込みはクラブツーリズム 092-263-3200までどうぞ。

 

スイーツおやじの勲章(2019/10/24)


先月、私のところに、あるオファーが飛び込んできました。

 

それは・・・

 

「福智スイーツ大茶会の審査員をしてもらえませんか?」

 

おおっ、来ました!!!

 

スイーツおやじとして、これほど嬉しいことはありません。

 福智スイーツ大茶会 写真

来場者数が3万人を超え、

今や九州最大のスイーツイベント

と言われている

「スイーツ大茶会」の

審査員だなんて、

なんて名誉なことなのでしょう!

 

審査員の中には、

タレントのIKKOさんや、

東京の三つ星レストランで

世界一のサービスマネージャー

になった方も入っている

というのですよ!

 

 

 

審査対象は、県内のスイーツショップが、

国指定の伝統工芸品である上野焼に、

自慢のスイーツを盛りつけた37の作品です。

 

デザインの美しさと「食べたくなる作品か」を基準に

審査します。

 

1位から3位までを選んで、

一番高評価を得た作品に最優秀賞が贈られるのです。

 

37のスイーツはどれも美しく、宝石のように光り輝いています。

 

どれを選んだらいいか、本当に頭を悩ませました。

 

そんな中、私の心をより強くつかんだ三作品に投票しました。

 

 

 

11月9日(土)10日(日)の2日間開催される

「JAL福智スイーツ大茶会」の最後にこの結果は発表されます。

 

当日私は取材にも行きます。

 

また楽しみが増えました。

 

今年はクロダマルあんぱん(2019/10/9)


いよいよ、10月19日(土)・20日(日)に

RKBラジオまつりが開催されます。

 

「櫻井浩二 インサイト」では、

筑前町の産直所『みなみの里』とタッグを組んで、

「和のスイーツパン」を開発しました。

 

 それがこちら! 0

 

特産品である

「筑前クロダマル」の黒豆を

ふんだんに使った“あんぱん”です。

 

パン生地は米粉ですが、

よく見ると

表面に黒い粒々がありますよね。

 

これはクロダマルのきな粉なんです。

 

香ばしいきな粉の香りが、

たまりませんよ。

 

 

 

中央の黒い物は、クロダマルの煮豆。

 

ほのかな甘みがいいアクセントになってます。

 

 

 

パンを割ると

中からクロダマルの黒豆で作った「あん」が

顔を出します。

 

これがなめらかで、舌触りがよく、甘さも控えめなので、

どの年代の人からも「美味しい」と言ってもらえる「あん」に

仕上がりましたよ。

 

米粉パンのモチモチ食感との相性も抜群で、

あんころ餅やおはぎを食べているかのような錯覚さえ覚える、

まさに「和のスイーツパン」が出来上がりました。

 

 

 

これを19日、20日、それぞれ限定300個販売します。

 

かなりの人気が予想されますので、お一人さま2個限定でお願いします。

 

「絶対手に入れたい!」という方は、

出来ればラジオまつり開始時刻にお越し下さい。

 

土曜日は午前10時、日曜日は午前9時スタートです。

 

では皆さん、

ラジオまつりでお会いできるのを楽しみにしています!

マルシェ、ありがとうございました。(2019/9/16)


16日(月・祝)、インサイトマルシェ 秋の収穫祭は大盛況でした。

 リンゴ 赤城

 

 

お店の前には、

オープン前から

開店待ちの列が出来、

リンゴの「赤城」は

50パックが

わずか10分弱で完売、

ブドウ3種のパックも

用意した70セットがブドウ3パック

30分で売り切れました。

 

急遽、リンゴは

嘉麻市から、

ブドウはうきは市から

取り寄せましたが、

それも

あっという間に

なくなり、

長い間お待ちいただいた方や、

買いたくても買えなかった皆さまには大変ご迷惑をかけたことと思います。

申し訳ありませんでした。

 

 

それでも、お買い物された多くの方に、ご満足いただけたと思っています。

 

インサイトマルシェの目指すのは、お客さんも生産者も笑顔になることです。

 

今回も会場には、笑顔があふれていたと思います。

 

 

今度の皆さまにお会いするのは、

10月19日(土)・20日(日)のラジオまつりです。

 

「櫻井浩二インサイト」では、筑前町にある道の駅「みなみの里」と組んで、

解禁直後の黒豆「筑前クロダマル」を使った

おにぎりやオリジナルパンを販売する予定です。

 

どんな商品になるのかは、決まり次第、

放送の中やこのコラムでご紹介していきますね。

 

 

 

マルシェにお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

今年もインサイト・マルシェ(2019/9/12)


9月16日(月)昨年好評だった「インサイトマルシェ」を

今年も開催します。

今回は旬を迎えた秋の果物たちが主役です。

 

 

 

「フルーツの里 うきは市」からは

『ブドウ』『梨』『柿』が並びます。ブドウとリンゴ

特にブドウは、

10種類ほどが

販売されることに

なりそうで、

これだけの品種が

揃うことは

めったに

ないそうですよ。

その中には、

普段あまり店頭で

見ることのない、

珍しい品種も

あるんです。

『BKシードレス』『サニードルチェ』

『クイーンニーナ』『ベルニーナ・ビアンコ』

皆さん、食べたことがありますか?

これらを3種類1パックにして、1000円で販売予定です。

 

またおなじみの「巨峰」は一房+特別サービス増量で500円とお買い得。

 

また、たらいの中に浮かぶ6種類のブドウを網ですくう

『ブドウすくい』なるものも登場し、

1回100円ですので親子で楽しめそうです。

 

 

 

そして嘉麻市で作られている『りんご』も販売されることになりました。

『九州りんご村』にある果樹園『三翠園』では、 マルシェ リンゴと櫻井 2

こだわりの手法でリンゴを育てているんです。

土は化学肥料を一切使わない。

除草剤ではなく、刈った草を

土に返して土壌改良を進めている。

農薬は極力使わない。

 

 

 

除草剤を使わないため、三翠園の樹木は長生きです。

梨の木の中には、明治時代から今まで現役でいるものもあるのです。

 

またこの場所は標高が高く、昼と夜の寒暖の差が大きいため、

甘みの強く、ジューシーな果実が実るというのです。

 

『九州りんご村』のリンゴは市場には出回っていないんです。

この場所に行かなければ買えないし、

今回販売されるのは九州ではあまり食べられない品種なので、

これを買うだけでも来る価値がありますよ。

特に「赤城」というリンゴは5個1パックで500円で並びます。

上品な甘みの果汁が、口の中からあふれ出そうになるほどで、

これがオススメです。

 

 

 

『インサイトマルシェ 秋の収穫祭』は9月16日(月) 午前9時~午後2時

RKB放送会館で開催します。

 

三連休の最終日、ぜひご家族で遊びに来て下さい。

 

 

マッキーのライブに行きました!(2019/7/8)


 今年も槇原敬之さんのライブに行ってきました。

 

今年2月に発売となった最新のアルバム「Design & Reason」を

引っ提げてのステージです。

 

 

 

去年、念願叶いインタビューをすることが出来たので、

今回は図々しくも会場の福岡サンパレスに花を置かせてもらいました。

 1562568030534

 

 

以前も

このコラムで書いたように、

私は大のマッキーファン。

 

車の中では、

マッキーの曲以外、

ほとんど聴きません。

 

ライブも毎回欠かさず行ってました。

 

 

 

「本人に会って、話を聞きたい!」

 

去年、その夢が実現してから初のライブだったので、

これまでより身近に感じるかと思いましたが、

やはりマッキーのステージでのオーラはすごかった!

 

キーボードの弾き語りで始まり、

アンコールで歌った「どんなときも」の時には、

観客席とステージが一体化して最高のフィナーレを迎える、

あの空間支配力は、

「やはり選ばれし人なんだな」としみじみと感じました。

 

インタビューの時のように1対1で話す時にはその人に寄り添い、

ステージに立ったら、辺りを払う光を放つ!

 

これがマッキーの魅力なんだと、あらためて実感しました。

 

 

 

いつものように、記念のツアーTシャツを買って、

今年も満面の笑み!1562568058537

 

これを見れば、

ライブがいかに良かったか

分かっていただけますよね。

 

今度はRKBのスタジオで

インタビューをしたい!

 

そんな野望を抱きながら、

福岡サンパレスを後にしました。

インサイトTV始まりました(2019/4/9)


4月で「櫻井浩二 インサイト」は6年目に突入しました。

 

番組もリニューアルし、6時台、7時台、8時台、どの時間で聞いても、

その日のニュースが分かるようになりました。

 

なかなか朝は、最初から最後まで聞いていただくことは

難しいですからね。

 

さらに8時台は、スタジオに曜日変わりでコメンテーターを

お迎えしてお送りしています。

 

これまでスタジオは2人だったので、随分と賑やかになりましたよ。

 

話もいろんな角度から切っていかれるので、新鮮な感じはあるはずです。

 

 

 

そして、インサイトTV 写真

「櫻井浩二 インサイト」

にとって

1番大きな変化は、

「今日感テレビ」の中で

「インサイトTV」

というコーナーが

始まったことです。

 

これは、朝の放送の中で

喋った内容を、

より深く掘り下げるコーナーで、

スタッフが新聞記事を元に多方面に渡って取材してお届けしています。

 

田畑アナとその日担当の女性アナにリポーターが加わって、

さながらテレビカメラの前で展開するラジオ番組です。

 

これまでありそうでなかった、

喋り中心で展開する「インサイトTV」を是非見て下さいね。

 

 

マルシェで被災地支援(2019/1/22)


昨年12月26日、RKB放送会館南側の芝生広場で

「がんばろう!朝倉 インサイト&今日感マルシェ」が開催されました。

 

10月に行われた「インサイト マルシェ」では、

筑前町の若手営農者の農業にかける思いに心を打たれ、

「我々の食の未来を支えて欲しい」との思いからマルシェを開きましたが、

これが大好評だったので,今回は同じ朝倉エリアの朝倉市・東峰村にも

参加してもらい、規模を拡大してのイベントとなりました。

 

朝倉地区といえば、おととしの九州北部豪雨、

そして去年の西日本豪雨で被害を受けた自治体です。

 

 

2回目マルシェ たばっちと RKBでは

災害の発生直後から

被災地の取材に

当たってきましたが、

「櫻井浩二インサイト」と

「今日感テレビ」という

ラ・テの番組が連携して

復興のために

何が出来るかを考えた末に

生まれたのが

今回のマルシェでした。

 

当日は雨が降ったりやんだりという天候でしたが、

それでも客足は途切れることなく、

筑前町の正月用野菜、

朝倉市の伝統料理である蒸し雑煮や

コスモスドレッシング、復興カレーといった個性豊かな特産品、

東峰村の代名詞とも言える小石原焼が次々と売れていきました。

 

年末ということで餅つきも行われ、

購入者につきたて餅のおいしさを味わっていただくことも出来ました。

 

被災した自治体も、購入したお客さんも共に笑顔になったマルシェを、

地元支援のため今後も続けていこうと思っています

今年も「チャレンジ精神」で(2019/1/1)


皆さま、新年明けましておめでとうございます。

 

今年はいよいよ元号が代わる節目の一年になりますね。

 

 

 

私は昨年同様、「インサイトのためにチャレンジする」一年を目指します。

 

昨年は『櫻井浩二 インサイト』の中で、様々なイベントに取り組みました。

 

 

 

夏には前の年に引き続き、夏休みの小学生を対象にした「夏じゅぎょう」を開催しました。

 

「ホークスの番記者になろう」という企画で、グラウンドで練習を取材したり、松田選手にインタビューしたりといったことを子供たちに経験してもらいました。

 

 

 

その日に、『櫻井浩二 インサイト』と『RKB エキサイトホークス』のコラボでオリジナル弁当を作製し、ヤフオクドームで200個販売するというチャレンジもしましたが、無事完売しました。

 

 

 

10月には、今日感テレビで取材に行った筑前町の若手営農者の皆さんと意気投合し、RKB放送会館前で「インサイト マルシェ」を開催しました

 

オープン前から行列が出来るほど大盛況で、解禁前の販売となった「筑前クロダマル」は発売からあっという間に売り切れてしまうなど、反響の大きさに開催した我々が驚きを隠せませんでした。

 

 

 

そして先月は、スイーツおやじの私が「インサイト 茶話会」を開催したところ、23人の方が参加して下さり、インサイトの番組について大いに盛り上がりました。

 

 

さらに26日には、2度目のマルシェ「がんばろう!朝倉 インサイト&今日感マルシェ」を開催しましたが、雨が降ったりやんだりの天候の中でも前回以上のお客様が来場されました。

 

 

このように、昨年は様々なイベントを企画し、多くの人とお話することが出来たので、とても充実していたのです。

 

 

 

今年も、この「チャレンジ精神」を忘れず、インサイトのリスナーの皆さんが喜んで下さるような番組作りやイベント計画をしていきたいと思っています。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

またマルシェやります(2018/12/3)


 

前回大好評だったマルシェをまたやります。

 

今回は去年7月の九州北部豪雨で甚大な被害が出た、

朝倉市と東峰村のブースも出店します。

 

被災地復興をRKB全体で後押ししたいということで、

『櫻井浩二 インサイト』と『今日感テレビ』が

タッグを組んでの開催です。

 

題して

「がんばろう!朝倉 インサイト&今日感マルシェ」

 

12月26日(水) 午前9時~午後4時

 

場所はRKB放送会館の南側にある芝生広場です。

 

 

 

 

この時期、正月用野菜がかなり高騰しますよね。

 

そこで今回は正月用野菜をズラリと揃えます

 

特にがめ煮の具材、金時人参・ゴボウ・レンコン・里いもと

お雑煮に欠かせないかつお菜が、驚きの価格で並ぶ予定です。

 

それ以外にも、白菜・キャベツ・サニーレタス・小松菜・ほうれん草・春菊

といった葉物はもちろん、なす・きゅうり・ブロッコリー・白ねぎ等々

年末年始の野菜はすべて揃います。

 

 

 

 今回の野菜は、筑前町で農業を営む方々が、

前の日に畑で仕入れた物を直接持ってくるので、鮮度抜群です。

 


 

 

さらに、野菜を購入された方を対象に、

会場でついた「つきたて餅」が振る舞われます

 

つきたてのお餅って、本当に美味しいですもんね。

 

大根おろし&醤油(この組み合わせ最高!!)と

筑前クロダマルの黒豆で作ったきな粉がありますので、

お好きな方で食べて下さい。

 

 

 

 

筑前クロダマルと言えば、前回大好評だった枝豆に代わって、

今回は出荷が始まったばかりの黒豆もあります。

 

さらにこちらも前回あっという間に売り切れたかまど炊きゴハンのお弁当も、

今回は数も品揃えも増やして販売されます。

 

 

 

 

そして、今回朝倉市と東峰村のブースも出店します。

 

朝倉市は、地元の伝統料理である「蒸し雑煮」の家庭用パックを販売します。

 

「蒸し雑煮」とは、1

茶碗蒸しの中に

お餅が入っている

朝倉独特の正月料理です。

 

 江戸時代後期に、

当時の秋月藩を通じて

朝倉周辺に茶碗蒸し料理が伝わり、

いつしかお正月にお雑煮と合わさって出来上がったのが「蒸し雑煮」です。

 

今回、是非購入されて、来年のお正月に食べてみて下さい。

 

 

 

 

44054400_2244493238955155_7447423319319511040_n-1さらにもう一つの目玉は

新たな特産品として開発した

「コスモスドレッシング」

です。

 

昨年7月の九州北部豪雨で、

黒川地区では広範囲に渡って、

田んぼや畑が

土砂で覆われてしまう

被害が出ました。

 

その荒れ果てた場所に、地元のおばあちゃん達が

コスモスの種を植えて見事な花を咲かせました。

 

「コスモスは食べられる」

 

そんな情報を得て、被災地に咲いたコスモスを使い

色鮮やかな「コスモスドレッシング」を作ったところ、これが大好評。

 

手作りのため1日70本しか生産出来ない中、

発売から2ヶ月で1200本も売れたそうです。

 

そんな人気商品も今回販売されます。

 

 

 

 

また東峰村のブースでは、

飛びかんなの素朴な風合いが人気の「小石原焼き」が販売されますよ。

 

最近の小石原焼きは、若手陶芸家が作ったおしゃれな作品も多いんですが、

正月料理に合う、お皿や器が、いろんな窯元から出ますので、

きっと皆さんの好みの物が見つかると思います。

 

 

 

 

「遠いから行けないじゃないか!」とおっしゃっている皆さま、

RKBには駐車場があります。

 

平日は40分間無料なので、ちょっと遠いという方、

あるいはいっぱい買い物をしたいという方は車でお越し下さい。

 

また年末でかなり寒いと思いますので、

しっかりと防寒対策をして、お越し下さいね。

 

私も出来る会場にいて、皆さまのお越しをお待ちしています。