RKB毎日放送

番組表

櫻井 浩二のコラム

アナ★ザ★ワールド > 櫻井 浩二 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

櫻井 浩二

誕生日

7月19日 かに座

出身地

静岡県浜松市

血液型

O型

自己分析グラフ

趣味・特技

ゴルフ、釣り

好きな○○

好きなアーティスト:
槇原敬之
私が聴く音楽はこれだけといっても過言ではありません。
季節・時間・天気、その日の気分によって聴きたい曲は変わりますが「LOVE LETTER」と 「ANSWER」はおススメですよ。

ちょっと一言

月~金は朝4時起きで『櫻井浩二インサイト』、週末はスポーツ実況。
ジャンルは違えど、目指すは「思わず身を乗り出してしまう面白い放送」です。
二天一流のマイクは、どこかでつながっている?!

バックナンバー

[+] 2020年03月
[+] 2020年02月
[+] 2020年01月
[+] 2019年11月
[+] 2019年10月
[+] 2019年09月
[+] 2019年07月
[+] 2019年04月
[+] 2019年01月
[+] 2018年12月
[+] 2018年11月
[+] 2018年10月
[+] 2018年06月
[+] 2018年03月
[+] 2018年02月
[+] 2018年01月
[+] 2017年11月
[+] 2017年10月
[+] 2017年09月
[+] 2017年06月
[+] 2017年01月
[+] 2016年08月
[+] 2016年06月
[+] 2016年03月
[+] 2016年02月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年10月
[+] 2015年08月
[+] 2015年06月
[+] 2015年04月
[+] 2015年02月
[+] 2015年01月
[+] 2014年11月
[+] 2014年08月
[+] 2014年05月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年01月
[+] 2013年10月
[+] 2013年06月
[+] 2013年05月
[+] 2013年03月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年11月
[+] 2012年09月
[+] 2012年08月
[+] 2012年06月
[+] 2012年02月
[+] 2012年01月
[+] 2011年10月
[+] 2011年07月
[+] 2011年05月
[+] 2011年04月
[+] 2011年03月

理想的な会議です(2020/3/11)


今日感テレビ内で14時30分頃から放送されている『インサイトTV』が

4月で1周年を迎えます。

 

ラジオの『櫻井浩二インサイト』で喋った内容を、

より詳しくお伝えしようと始めた15分ほどのコーナーです。

 

ラジオ終了後の9時過ぎから、当日放送する内容を決める会議を

開始するんですが、この会議が実に理想的なんです。

 

 

 

田畑アナと私は新聞ネタを出し、

4人のディレクターが独自ネタを披露しますが、

それぞれの意見を矯めつ眇めつ議論した上で、

採用するかしないかを決めていきます。

 

そこに反対意見はほぼなく、代替案を積み重ねていくので、

たとえボツになったとしても別の機会に日の目を見ることもよくあるのが

『インサイトTV』の会議なんです。

 

「提案するも否定される」では、参加者のモチベーションも上がらないし、

建設的なものにはなりませんよね。

 

それを皆が理解しているため、次々とアイデアが出てきて、

そこから連想ゲームのように違う話になったりと、

「アメーバ会議」とも言えるような話し合いになっています。

 

会議で出た誰かの意見を、そのまま借用して

私が本番で喋ったりすることもありますよ。

 

非常に有意義な会議なので、私もいい精神状態で本番に臨めています。

 

 

 

このように一体感ある会議から生まれた放送の中には、

視聴者の反響の大きいものも多くありました。

 

夏のプール開放の際に子供たちが持っていく「かまぼこ板の名札」は、

旧海軍の上陸札にルーツがあったという放送の時には

100通以上のメールが届き、

九州だけでなく全国でかまぼこ板の名札が使われていたことが分かりました。

 

視聴者と一つになれる内容は、達成感がありますね。

 

働き方改革が叫ばれ、職場環境の整備が焦眉の急となる中、

『インサイトTV』を通じて、会議の大事さを痛感しました。

 

ワンチームとなったスタッフで、

今後も視聴者の印象に残る放送を届けていきます。

達人たちの極意を学んだ(2020/2/14)


  2020年2月13日、『櫻井浩二 インサイト』が放送1500回を迎えました。

 

 

7時40分頃からの「スペシャルインサイト」では、

全国の長寿番組のパーソナリティーに話を聞きました。

 

 

初日はライバル局KBCラジオ

『PAO~N』のパーソナリティー沢田幸二さん

 沢田さん

KBCの看板番組を

24年間担当してきた

「福岡のレジェンド」

との収録は、

放送枠の7分を

大きく上回る

16分30秒にも

達しました。

 

収録が始まった途端、静かにスイッチを入れて、

いつの間にか「沢田ワールド」に

引き込んでしまうそのトーク術は、

なかなか真似の出来ることではないと

瞠目するばかりでした。

 

 

 

RCC横山雄二広島でカリスマ的な人気を誇る

RCCラジオ『ごぜん様さま』の

パーソナリティー横山雄二さんは、

ラジオの向こうにいるリスナーと、

常に1対1で話していることを

意識しているそうです。

 

番組オープニングの喋りは、

必ず「昨日、俺ね」で

始める横山さん。

 

 

スマホでどんな情報も手に入る時代だからこそ、

自分しか知らないことを話したい。

 

それは、前日、自分の身の回りで起こったことを話すことで、

ラジオを聞いてる多くの人に伝えるというより、

「あなたにだけ教えているんですよ」という状況を

作るということだそうです。

 

かつて永六輔さんも言ってましたが、

ラジオの向こうにいる個人を意識することは大事ですよね。

 

 

 

そしてTBSラジオ「ミュージックプレゼント」を50年以上担当している、まむしさん

毒舌でおなじみ

毒蝮三太夫さんからは、

パーソナリティーとして必要な

三つの「ガラ」を

伝授してもらいました。

 

それは

「鶏ガラ」

 

「お日柄」

 

「人柄」

 

 

「鶏ガラ」はスープに欠かせないもの。深みを出せるようになれ

 

「お日柄」は良くないと、人は笑顔になれない。

リスナーを笑顔に出来る放送を。

 

「人柄」の良さは放送に出る。人として常に成長し続けること。

 

高齢者に「ジジイ」「ババア」と呼びかけることで有名な毒蝮さんですが、

この三つの「ガラ」があるからこそ、毒舌も味になっているんです。

 

 

 

皆さんに共通していたのは

「もっとこの人と話していたい」と思わせるトークをするということ。

 

名物パーソナリティーは、おしゃべりも達者ですが、

聞き上手でもあるということをあらためて感じました。

 

達人たちとの話を力に変え、次は放送2000回を目指して、

倦まず弛まず努力していきます。

あったかマルシェ 大盛況でした!(2020/1/16)


1月13日の成人の日に、鳥飼八幡宮で開催された『あったかマルシェ』

おかげさまで多くのお客様にお越しいただき大盛況でした。

 

今回のマルシェは温かい食べ物を出す飲食店が、

すごい存在感でした。

 

 

寒の内で、気温が10℃にいくかいかないかの寒い中、

今回販売された湯気が立つ食べ物は体を温めてくれるんです。_DSC5190

 

松きのこの天ぷらは

食感が最高でした。

屋外で天ぷらを

食べるなんて、

もちろん初体験です。

 

 

 

 

 

_DSC5298

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さつまいもとクリームチーズのデザートピザも食べました。

 

ペースト状になったシルクスイートというさつまいもは上品な甘さで、

クリームチーズと一緒に食べると、なんとも言えないコクでしたよ。

 

 

 

 

八女の上陽豚を使ったソーセージも美味でしたねぇ。

 

全部食べられなかったのが、本当に悔しい!!!

 

でも、福マルシェさんの鳥飼八幡宮でのマルシェは、

毎月第三日曜日に開催しているので、

これからは時間を見つけて行ってみようと思ってます。

 

 

 

今回の一番の気づきは、神社に人が集まる光景がとてもいいなぁということ

  _DSC5277

 

かつては神社は、子供たちの遊び場であり、

地域のお祭りなども行われ、いつも人のいる場所でした。

 

ところが今では初詣や、七五三、合格祈願等、

いわゆる「お参り」の時にしか神社を訪れない人がほとんどです。

 

私もその一人ですが・・・

 

  縮小

 

 

 

 

 

 

 

 

今回のように境内や本殿の周りが賑やかで、

店主とお客さんが会話をしながら物を買っていく光景は、

他人との関係が希薄になっている今だからこそ、

とても新鮮なものに見えたのです。

 

 

 

 

「また一緒にここでやりましょう!」

 

_DSC5630

 

 

 

福マルシェ代表の

境美希さんや

山内宮司と

そんな話をして、

鳥飼八幡宮を

後にしたのです。

 

 

お越しいただいた皆さん、本当にありがとうございました!

今年も「輪」になって(2020/1/1)


明けましておめでとうございます。

 

五輪イヤーの幕開けですね。

 

そこで、今年のスローガンは漢字一字で「輪」にしてみました。

 

 

 

おととしから始めた「インサイトマルシェ」を昨年は3回開催しました。

 

生産者には、こだわりの野菜や果物を売る場所を提供することでやりがいを

感じてもらう、消費者には質の高い物を購入することで満足してもらう、

そして我々スタッフはそんな方々とお会いすることで

多くの人との絆が出来る。

 

誰もが笑顔という「輪」で繋がるこのイベントは、

リスナーやエリアの皆さんに定着しつつあります。

 

 そこで、まず1月13日(月・祝)に

今年最初の「インサイトマルシェ」を開催することになりました。

 

しかも寒いので、今回は温かい食べ物を出す飲食店が中心の

「あったかマルシェ」と銘打って行います。

 

会場はRKB放送会館ではなく、

福岡市中央区にある「鳥飼八幡宮」です。

 

このマルシェで、

インサイトの「輪」がますます広がりそうです。

 

詳しくはhttps://fuku-marche.com/をご覧ください。

 

 

 

また、もう一つはスタッフの「輪」です。

 

昨年から今日感テレビの中で

『インサイトTV』というコーナーが始まって、こちらも担当しています。

 

ラジオの放送終了後、1時間弱で当日放送分の打ち合わせをしますが、

これが中身が濃く、とてもいい雰囲気で進められるのです。

 

 ディレクター4人に田畑アナ、女性アナ、AD、そして私と

7~8人による打ち合わせですが、次々と新しいアイデアが出てきて、

しかもこれを誰も否定することなく積み上げられていくので、

笑いの中でその日の放送内容が決まっていくのです。

 

こんなスタッフの輪の結束力が出ている「インサイトTV」は、

今日感テレビ内の14時30分くらいからオンエアーしています。

 

ぜひテレビで確認してください。

 

 

 

今年はどんな人との新しい「輪」が出来るのか、

楽しみな2020年です。

初めての朗読バスツアー(2019/11/26)


 12月21日(土)、RKBアナウンス部初の試みが行われます。

 

食事や観光地巡りをしながら、我々の朗読を楽しんでもらおうという

「朗読バスツアー」が催行されるのです。

 

今回は、途中で立ち寄る2か所で朗読会が開かれます。

 

 

小倉・博多発

  ↓

久留米道の駅でお買い物

  ↓

バイキングの昼食

  ↓

大刀洗平和記念館(朗読タイム①)

  ↓

今村天主堂(朗読タイム②)

  ↓

博多駅クリスマスマーケット

  ↓

博多・小倉着

 

 

朗読タイム①  戦争をテーマにした朗読

「大刀洗平和記念館」では、戦争をテーマにした作品を朗読します。

読み手は茅野正昌アナウンサーともう一方、素敵な方が登場されます。

戦争の悲惨さを伝えていこうと、

朗読ボランティアを40年以上続けている竹中圭子さんです。

今回は5000回以上朗読した、「ほたる」という

特攻隊員の悲しいお話を朗読してくれます。

 

 

朗読タイム②  クリスマス朗読会DSC_0613

クリスマスをテーマにした作品を、

池尻和佳子・武田早絵・佐藤巧が

朗読します。

 

国の重要文化財に指定されている

今村天主堂で、ツアー参加者の

ためだけに行われる朗読会です。

 

こんな貴重な機会も

なかなかありませんよ。

 

 

 

ちなみに私は2回の朗読タイムはともに司会進行を担当します。

ひょっとしたら、朗読に参加することもあるかも・・・

 

12月21日(土)開催の朗読バスツアー、料金は9990円です。

お申し込みはクラブツーリズム 092-263-3200までどうぞ。

 

スイーツおやじの勲章(2019/10/24)


先月、私のところに、あるオファーが飛び込んできました。

 

それは・・・

 

「福智スイーツ大茶会の審査員をしてもらえませんか?」

 

おおっ、来ました!!!

 

スイーツおやじとして、これほど嬉しいことはありません。

 福智スイーツ大茶会 写真

来場者数が3万人を超え、

今や九州最大のスイーツイベント

と言われている

「スイーツ大茶会」の

審査員だなんて、

なんて名誉なことなのでしょう!

 

審査員の中には、

タレントのIKKOさんや、

東京の三つ星レストランで

世界一のサービスマネージャー

になった方も入っている

というのですよ!

 

 

 

審査対象は、県内のスイーツショップが、

国指定の伝統工芸品である上野焼に、

自慢のスイーツを盛りつけた37の作品です。

 

デザインの美しさと「食べたくなる作品か」を基準に

審査します。

 

1位から3位までを選んで、

一番高評価を得た作品に最優秀賞が贈られるのです。

 

37のスイーツはどれも美しく、宝石のように光り輝いています。

 

どれを選んだらいいか、本当に頭を悩ませました。

 

そんな中、私の心をより強くつかんだ三作品に投票しました。

 

 

 

11月9日(土)10日(日)の2日間開催される

「JAL福智スイーツ大茶会」の最後にこの結果は発表されます。

 

当日私は取材にも行きます。

 

また楽しみが増えました。

 

今年はクロダマルあんぱん(2019/10/9)


いよいよ、10月19日(土)・20日(日)に

RKBラジオまつりが開催されます。

 

「櫻井浩二 インサイト」では、

筑前町の産直所『みなみの里』とタッグを組んで、

「和のスイーツパン」を開発しました。

 

 それがこちら! 0

 

特産品である

「筑前クロダマル」の黒豆を

ふんだんに使った“あんぱん”です。

 

パン生地は米粉ですが、

よく見ると

表面に黒い粒々がありますよね。

 

これはクロダマルのきな粉なんです。

 

香ばしいきな粉の香りが、

たまりませんよ。

 

 

 

中央の黒い物は、クロダマルの煮豆。

 

ほのかな甘みがいいアクセントになってます。

 

 

 

パンを割ると

中からクロダマルの黒豆で作った「あん」が

顔を出します。

 

これがなめらかで、舌触りがよく、甘さも控えめなので、

どの年代の人からも「美味しい」と言ってもらえる「あん」に

仕上がりましたよ。

 

米粉パンのモチモチ食感との相性も抜群で、

あんころ餅やおはぎを食べているかのような錯覚さえ覚える、

まさに「和のスイーツパン」が出来上がりました。

 

 

 

これを19日、20日、それぞれ限定300個販売します。

 

かなりの人気が予想されますので、お一人さま2個限定でお願いします。

 

「絶対手に入れたい!」という方は、

出来ればラジオまつり開始時刻にお越し下さい。

 

土曜日は午前10時、日曜日は午前9時スタートです。

 

では皆さん、

ラジオまつりでお会いできるのを楽しみにしています!

マルシェ、ありがとうございました。(2019/9/16)


16日(月・祝)、インサイトマルシェ 秋の収穫祭は大盛況でした。

 リンゴ 赤城

 

 

お店の前には、

オープン前から

開店待ちの列が出来、

リンゴの「赤城」は

50パックが

わずか10分弱で完売、

ブドウ3種のパックも

用意した70セットがブドウ3パック

30分で売り切れました。

 

急遽、リンゴは

嘉麻市から、

ブドウはうきは市から

取り寄せましたが、

それも

あっという間に

なくなり、

長い間お待ちいただいた方や、

買いたくても買えなかった皆さまには大変ご迷惑をかけたことと思います。

申し訳ありませんでした。

 

 

それでも、お買い物された多くの方に、ご満足いただけたと思っています。

 

インサイトマルシェの目指すのは、お客さんも生産者も笑顔になることです。

 

今回も会場には、笑顔があふれていたと思います。

 

 

今度の皆さまにお会いするのは、

10月19日(土)・20日(日)のラジオまつりです。

 

「櫻井浩二インサイト」では、筑前町にある道の駅「みなみの里」と組んで、

解禁直後の黒豆「筑前クロダマル」を使った

おにぎりやオリジナルパンを販売する予定です。

 

どんな商品になるのかは、決まり次第、

放送の中やこのコラムでご紹介していきますね。

 

 

 

マルシェにお越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

 

今年もインサイト・マルシェ(2019/9/12)


9月16日(月)昨年好評だった「インサイトマルシェ」を

今年も開催します。

今回は旬を迎えた秋の果物たちが主役です。

 

 

 

「フルーツの里 うきは市」からは

『ブドウ』『梨』『柿』が並びます。ブドウとリンゴ

特にブドウは、

10種類ほどが

販売されることに

なりそうで、

これだけの品種が

揃うことは

めったに

ないそうですよ。

その中には、

普段あまり店頭で

見ることのない、

珍しい品種も

あるんです。

『BKシードレス』『サニードルチェ』

『クイーンニーナ』『ベルニーナ・ビアンコ』

皆さん、食べたことがありますか?

これらを3種類1パックにして、1000円で販売予定です。

 

またおなじみの「巨峰」は一房+特別サービス増量で500円とお買い得。

 

また、たらいの中に浮かぶ6種類のブドウを網ですくう

『ブドウすくい』なるものも登場し、

1回100円ですので親子で楽しめそうです。

 

 

 

そして嘉麻市で作られている『りんご』も販売されることになりました。

『九州りんご村』にある果樹園『三翠園』では、 マルシェ リンゴと櫻井 2

こだわりの手法でリンゴを育てているんです。

土は化学肥料を一切使わない。

除草剤ではなく、刈った草を

土に返して土壌改良を進めている。

農薬は極力使わない。

 

 

 

除草剤を使わないため、三翠園の樹木は長生きです。

梨の木の中には、明治時代から今まで現役でいるものもあるのです。

 

またこの場所は標高が高く、昼と夜の寒暖の差が大きいため、

甘みの強く、ジューシーな果実が実るというのです。

 

『九州りんご村』のリンゴは市場には出回っていないんです。

この場所に行かなければ買えないし、

今回販売されるのは九州ではあまり食べられない品種なので、

これを買うだけでも来る価値がありますよ。

特に「赤城」というリンゴは5個1パックで500円で並びます。

上品な甘みの果汁が、口の中からあふれ出そうになるほどで、

これがオススメです。

 

 

 

『インサイトマルシェ 秋の収穫祭』は9月16日(月) 午前9時~午後2時

RKB放送会館で開催します。

 

三連休の最終日、ぜひご家族で遊びに来て下さい。

 

 

マッキーのライブに行きました!(2019/7/8)


 今年も槇原敬之さんのライブに行ってきました。

 

今年2月に発売となった最新のアルバム「Design & Reason」を

引っ提げてのステージです。

 

 

 

去年、念願叶いインタビューをすることが出来たので、

今回は図々しくも会場の福岡サンパレスに花を置かせてもらいました。

 1562568030534

 

 

以前も

このコラムで書いたように、

私は大のマッキーファン。

 

車の中では、

マッキーの曲以外、

ほとんど聴きません。

 

ライブも毎回欠かさず行ってました。

 

 

 

「本人に会って、話を聞きたい!」

 

去年、その夢が実現してから初のライブだったので、

これまでより身近に感じるかと思いましたが、

やはりマッキーのステージでのオーラはすごかった!

 

キーボードの弾き語りで始まり、

アンコールで歌った「どんなときも」の時には、

観客席とステージが一体化して最高のフィナーレを迎える、

あの空間支配力は、

「やはり選ばれし人なんだな」としみじみと感じました。

 

インタビューの時のように1対1で話す時にはその人に寄り添い、

ステージに立ったら、辺りを払う光を放つ!

 

これがマッキーの魅力なんだと、あらためて実感しました。

 

 

 

いつものように、記念のツアーTシャツを買って、

今年も満面の笑み!1562568058537

 

これを見れば、

ライブがいかに良かったか

分かっていただけますよね。

 

今度はRKBのスタジオで

インタビューをしたい!

 

そんな野望を抱きながら、

福岡サンパレスを後にしました。