RKB毎日放送

番組表

茅野 正昌のコラム

アナ★ザ★ワールド > 茅野 正昌 コラム

プロフィール紹介

プロフィール

名前

茅野 正昌

誕生日

4月17日 おひつじ座

出身地

福岡県福岡市

血液型

A型

自己分析グラフ

担当番組

ラジオ

・旅ラジ 出発進行!

エキサイトホークス

趣味・特技

趣味:
ステレオいじり、とんこつラーメン屋さん巡り、鉄道旅行(ノリ鉄)
特技:
レタリング、似てない物真似、ゲームセンターのUFOキャッチャー(特に箱モノ)

好きな○○

好きな車:
昭和40年代~50年代の車、特にハコスカとケンメリ
好きな列車:
国鉄~JR、583系電車

ちょっと一言

野球小僧の茅野です。
子供の頃は、父にラーメン小僧とも言われていました。
そしてノリ鉄です。子供のころは撮り鉄でもありました。

バックナンバー

[+] 2019年05月
[+] 2019年03月
[+] 2019年02月
[+] 2019年01月
[+] 2018年12月
[+] 2018年09月
[+] 2018年08月
[+] 2018年07月
[+] 2018年06月
[+] 2018年04月
[+] 2018年01月
[+] 2017年08月
[+] 2017年06月
[+] 2017年05月
[+] 2017年04月
[+] 2017年02月
[+] 2017年01月
[+] 2016年11月
[+] 2016年09月
[+] 2016年06月
[+] 2016年03月
[+] 2016年01月
[+] 2015年12月
[+] 2015年11月
[+] 2015年09月
[+] 2015年08月
[+] 2015年07月
[+] 2015年05月
[+] 2015年04月
[+] 2015年03月
[+] 2015年01月
[+] 2014年10月
[+] 2014年09月
[+] 2014年07月
[+] 2014年04月
[+] 2014年03月
[+] 2014年02月
[+] 2014年01月
[+] 2013年10月
[+] 2013年07月
[+] 2013年05月
[+] 2013年04月
[+] 2013年01月
[+] 2012年12月
[+] 2012年09月
[+] 2012年07月
[+] 2012年06月
[+] 2012年03月
[+] 2012年01月
[+] 2011年12月
[+] 2011年11月
[+] 2011年09月
[+] 2011年08月
[+] 2011年07月
[+] 2011年05月
[+] 2011年04月
[+] 2011年03月
[+] 2011年02月

昭和ロマンは令和でも(2019/5/18)


朝の登校風景を見ていると、小学生がカラフルなランドセルを背負っている光景に時代の流れを感じます。自分にとっては、もう40年も前のことですが、当時ランドセルの色と言えば「男子は黒、女子は赤」と決まっていましたから。

RKBラジオで毎週土曜日の早朝にお届けしている「旅ラジ!出発進行」に以前、こんなお便りがありました。

「小学校に上がる孫の男の子にランドセルを、と本人に希望の色を聞いたところ、意外にも『黒』という返事。理由は、SLのようでカッコイイから」

熊本からSL人吉に乗ったのをきっかけに、お孫さんは「黒」に憧れを抱き続けているのだそうです。

今では定期運行を退き、イベント列車として日本各地で活躍しているSLたちは、今や貴重な存在となりました。それでもこどもたちのヒーローなのだと思うとうれしくなります。

昭和の時代、蒸気機関車全盛期に憧れを持った世代の方と何ら変わらぬ純粋な気持ちに出会えた気がして、どうかいつまでも大切にと願っています。

新元号「令和」に思う①(2019/5/4)


 いよいよ新しい元号「令和」がスタートしました。これで、私も「昭和」「平成」と合わせ3つの時代を生きることになりました。子どものころに、「うちのばあちゃんは凄いな。明治~大正~昭和と3つの時代を生きているんだ・・・」と思っていたものですが、これで私も当時の祖母に肩を並べたことになります。祖母はその後、平成まで頑張りましたから結局4時代。さあ、私の運命やいかに・・・。

 さて、この新元号の「令和」、皆さんはどのように発音していますか?

「レ」にアクセントを置く頭高型の言い方「レ\イワ」と、平たく言う平板型の2通りがありますね。どうも、私の周囲の皆さんの普段の会話を聞いている限りでは、前者の方が多いように感じます。

その理由として考えられるのは、4月1日に菅義偉内閣官房長官が元号を発表される際に、頭高型の「レ\イワ」と発音したこと。これで、全てが決まったようにも感じます。

しかし、同じ「和」の字がつく「昭和」は、平たく言う平板型が一般的で、時に「ショ」にアクセントを置く頭高型の言い方「ショ\ーワ」と言うことも確かにあります。それに準じた考え方だと、「令和」も2通りあっていいと思いますね。

さあ、問題は時代が進み、「令和○○年」と言うようになった時です。私は自分の生まれた年を言う時、「昭和42年」と、「昭和」の部分はさすがに平たく言っています。「ショ」にアクセントを置いて「ショ\ーワ42年」と言ったことはありません。これは大多数の方が同じでしょう。では、「令和」ではどうなるのか?それを決めるのは、日本の皆さんです。

 

 

 

今季もホークス頂点へ!(2019/3/28)


プロ野球がいよいよ開幕!

当たり前ですが、この時期はどのチームも横一線。期待が膨らむ序盤戦です。

 

しか~し!今年の結果もすでに見えています!ホークス日本一は揺るぎないでしょう。

不安がないわけではありません。故障者は複数いて、開幕に間に合わなかった選手もいます。

ここ数年、ホークスは、定説をいくつも覆してきました。

例えば、「強いチームは、オーダー固定」・・・去年、1番2番は固定されませんでした。4番も複数が務めました。

「先発投手は、エースを軸に、規定投球回到達者複数排出」・・・去年、規定投球回到達者はゼロでした。

「抑えは開幕から固定」・・・去年はサファテが早々に離脱したものの、森が務めてタイトルを獲得。

確かに、去年は優勝を逃しましたが、秋の立て直しで日本一にはなれました。巨大戦力のホークスですから、いくつかの要素が欠けても、つまり完璧でなくても勝てる、と私は思っています。

仮に、開幕「奪Sh」がうまく行かなかったとしても・・・。秋には笑える気がしてなりません!!

 

 

大物レスラー引退に寂しさ・・・(2019/2/25)


去る2月20日、東京の両国国技館で開催された「ジャイアント馬場没20年追善興行」

若手から大ベテランまで、G.馬場さんゆかりのレスラーたちが集結し、ファイトを展開しました。

 

その中で行われた呪術師ことアブドーラ・ザ・ブッチャーの引退セレモニー。

7年前に引退し、現在78歳のブッチャーは車いすでリングに登場。すると、往年のライバルたちが次々とリングへ。

仮面貴族ことマスカラスブラザーズ・・・ブッチャーが、マスカラスの覆面をビリビリに破った因縁の試合を思い出しました。

スタン・ハンセン・・・思えば、全日本・新日本の外国人レスラー引き抜き合戦の当事者同士でした。当時はお互いにどんな思いだったのでしょう。

ドリー・ファンクJr・・・弟・テリー共々、ブッチャーには大流血させられた因縁の組み合わせですが、当時ファンクスは、ブッチャーのことをアビーと呼び、エンターテナーとして一目置いていたようです。互いの信頼関係があったからこそ、フォークを使った凄惨な試合ができたのでしょう。

ザ・デストロイヤー・・・来日できずメッセージが読み上げられましたが、USヘビー級のタイトルマッチも血で血を洗う凄惨な試合ばかり。デストロイヤーの必殺技・足四の字固め封じに繰り出したブッチャーの火炎攻撃もリアルタイムで見ていました。

坂口征二、武藤敬司、タイガー・マスクの新日勢も登場し、会場を沸かせましたね。

さすがのブッチャーも痩せて顔が少し細くなり、頬がこけた感じでしたが、額にタテに数本走るギザギザは死闘の数々を演じた勲章とでも言うのでしょうか、生々しく残っていました。

昭和時代のプロレスファンとして、往年の名レスラーの引退や他界のニュースは、胸が締め付けられる思いです。

自分の思い出の1ページが色あせていく寂しさ。自分も年を重ねている、ということですね。

ランナーたちの活躍を今年もRKBで(2019/1/11)


 今年も、駅伝・マラソンのロードレース、クロスカントリーなど、ランナーたちが活躍するシーズンですね。すでに、実業団男子のニューイヤー駅伝や箱根駅伝が終わりましたが、まだまだランナーの華やかな舞台は続きます!

 

まずは、1月20日(日)「選抜女子駅伝北九州大会」

 小倉城をスタート・フィニッシュに行われる女子駅伝オールスター戦です。去年11月のクイーンズ駅伝の上位チームがやって来ます。12月の都大路=全国高校駅伝に出場した西日本勢が、先輩たちに挑みます。RKB-TVとラジオで放送します。

 

2月3日(日)「2019別府大分毎日マラソン」

 2020東京のマラソン代表を決めるMGCの出場権獲得を目指して、実業団の有力ランナーが集います。今年のレースは、例年以上の白熱した戦いになります。前半の集団がかなり大きくなることが予想され、給水をとるのも一つの戦いです。RKB発TV全国ネットです。

 

2月17日(日)「北九州マラソン2019」

 早くも今年が6回目の開催。市民ランナーを、環境未来都市・北九州の町と人が温かく迎えます。去年は川内優輝選手が大会記録をあっさり塗り替えましたね。今年も、みなさん思い思いのコスチュームで自分との戦いに挑みます。RKBラジオ「増田明美・櫻井浩二のプロペラ全開」でもお馴染み、スポーツジャーナリストの増田明美さんもやって来ます!TVで中継します。

 

2月23日(土)「クロスカントリー日本選手権」

 去年はマラソンで次々に男子の日本記録が更新されるなど、日本長距離界が波に乗っています。クロカンは不整地を走りますが、トレーニングのメニューに取り入れるのは当然の流れになりました。選手にとって、この大会での活躍が未来の活躍を約束すると言っても過言ではありません。RKB発全国ネットのTVでお楽しみ下さい。

 

 

2019年 年 賀 状(2019/1/1)


2019 謹賀新年

大台に乗って3年目。 最近、急に白髪が増えてきました!

本年もよろしくお願いします。

 

今年の干支は「猪」、「猪」といえば・・・「猪突猛進」、

「猪突猛進」といえば・・・「前しか見えない」、「前しか見えない」といえば・・・「運転席」

「運転席」といえば・・・「ハンドル」

今年は、巧みな「ハンドル」操作で、

その都度ベストなコースを選びたいもんだ!

 

では、恒例のプロ野球順位予想!

<パ>1ソフトバンク 2楽天 3日本ハム 4西武 5ロッテ 6オリックス

 <セ>1巨人 2広島 3DeNA 4中日  5阪神 6ヤクルト

そして、日本シリーズは・・・今年は、ソフトバンク×巨人!

 

外れたらすみません。去年は、日本シリーズは的中しました。
ちなみに、12球団の順位をパーフェクトに当てたことは・・・
過去に一度たりともありません。ここのフレーズは、毎年変わりません。

 

平成31年 元旦

〒814-8585  福岡市早良区百道浜2-3-8   +rkb 茅野正昌

ラジオ「アナウンサーの世界」(2018/12/13)


RKBラジオで10月から放送している「アナウンサーの世界」

火~木曜日の19:30~、アナウンサーが、日頃見せない素の部分や正統派の朗読をお楽しみいただいています。

 

私は残念ながら出演していませんが、担当の3人アナウンサーが放送前に必死に準備しているのをいつも間近で見ていますので、番組に懸ける“熱”を感じながら見守っています。そもそもがお喋り好きなアナウンサー。番組で披露したいネタは山ほどあるのですが、この番組は一人でマイクに向かうので、相方に気を遣うことなく、ノビノビ喋れるのが最大の魅力。マイペースな放送は、どれも人柄が出ています。

 

★水曜日担当の池尻和佳子アナウンサー

普段のニュースキャスターとしての固いイメージからは想像もできない、ソフトな語り口で癒やしてくれますよ!

特に、小さなお子さんがいらっしゃるお母様、21時過ぎの朗読コーナーを聴いて、お子様を夢の世界へと誘ってあげてください。

ただし、お母様が先に眠らないようにご注意下さい!

 

★木曜日担当の坂田周大アナウンサー

池尻アナと同じくニュースキャスターの坂田アナ。ところが、ラジオスタジオに入った途端豹変します! なんとノリのいいこと。

サブタイトル「いいね、ちょうだい!」の通り、「いいね~!」を連呼しています。

ちなみに、12月27日の放送では私が曲をリクエストしてますので、坂田アナ、よろしく!

 

あれ? 週に3回ですよね~・・・おっと、忘れてました、

★火曜日担当の三好ジェームスアナウンサー

朝でも夜でもハイテンション。テンションが低いのは気温が一ケタの屋外にいる時だけ。

この方は、普段からそんな感じ!

 

 

 

RKBラジオ「旅ラジ 出発進行!」ダイヤ改正(2018/9/4)


RKBラジオ 毎週土曜日あさ放送の「旅ラジ 出発進行!」は、この度ダイヤ改正!

これまでより出発が45分早くなりまして、

あさ5時30分発車!!

5:30といえば、始発列車が動き出す時間ですね。時刻表を見ていると、全国各地で、同じ時刻に列車が動き出したりしていることに気がつきます。まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。

早朝の列車に乗っていると、決して乗車率も高くなく、車両ごと自分のモノみたいな感覚になれて、楽しいですよ。特に、日の出が遅い冬場は、夜がしらじらと明けていく様を見届けながら朝を迎える気持ちよさを味わえます。

RKBラジオ「旅ラジ 出発進行!」は、毎週土曜日あさ5:30、出発進行!!

お乗り遅れのないようご注意下さ~い!!

 

年々大きくなっています!(2018/8/31)


プロ野球レギュラーシーズンも、各チーム100試合を超えました。開幕前の予想に反して、ホークスは下から追い上げる戦いをしいられています。

さて、ホークス優位の試合の実況は、流れに任せておけばいいし、気分も乗ります。しかし、劣勢となるとそうもいかず、特に大敗ムードが漂う場合は、話題に困ることもしばしば。とは言え、実況アナウンサーは逆に腕の見せどころです。あらゆる“野球の引き出し”を開け、沈滞ムードに陥らないよう放送しています。

そこで、頼りになるのが、事前に準備された手元の資料や過去の記憶。試合が白熱すれば無用のものでも、一方的なゲームには欠かせません。勝負が見えつつある時は、あえて少し本線から逸れた話題で退屈さを凌ぐこともあります。アナウンサーも時には“変化球”を投げる必要があるのです。

ところが、最近の自分にとって、資料とやらが実は曲者なんです。時々、自分の書いた字が読み取れません。ならば活字なら…と思いきや、やっぱりダメ。そこで、準備の際に一手間掛ける羽目に。老眼の私にはとてもありがたい機能、それが「拡大コピー」。

資料の情報量を減らしてでも字を大きくしないと仕事になりません。この状況に陥って、はや5~6年が経過しました。この間、コピーの拡大率もアップしています。情けないかな、年々大きくなっているのはお腹だけではないのです!!

今年も、RKBラジオ「こども天気予報」(2018/7/20)


RKBラジオで、今年も小学生が生放送にチャレンジする「こども天気予報」がスタート!

期間は7月23日~8月24日の平日で、時間は「開店!ウメ子食堂」の中の午前11:02ごろ。

本番30分前、マイクに向かう小学生にRKBアナウンサーが読み方を指導します!

この企画は去年に続いて2回目で、去年は私も指導員の一人でした。そこで出会った優秀な小学生から学んだことがあります。それは、「読み方や解釈の仕方はいろいろで、正解は一つではない」ということでした。

アナウンサー28年目。自分の読み方は既に固まってしまった感があります。対して、こどもたちは「自然」であり、「素直」であり、「感性豊か」なのです。これって、実は一番大切なことですよね。今更ながら、こどもたちに「自然体」であることの大切さを教えられた気がします。

今年も、感性豊かな小学生が「天気予報」をラジオで、生放送でお伝えします。そして、参加してくれた児童みんな、マイクの前で喋ることがクセになってくれたら嬉しいですね。