RKBラジオトップページ

 

普段なかなか口にできない感謝の言葉を140文字に込めた手紙、それが「ありがとう~こどもたちの世界一短い感謝状~」です。
感謝の気持ちを伝える相手は、お父さんやお母さん、友だちなどの「人」から、ランドセルのような「物」までさまざま。
こどもたちの感動的な「ありがとう」に涙、ユニークな「ありがとう」には思わず笑いがあふれること間違いありません。
作品は福岡県内各地の小中学校から募集しています。

新型コロナウイルスの影響でこどもたちの生活も一変し、こどもの心身にも大きな影響を与えたはずです。
32回目を迎えた「ありがとう」は、子どもたちが日常とは大きく異なるコロナ禍で感じた「ありがとう」も紹介していきます。

応募作品はRKBラジオ「Toi toi toi」(月曜~木曜)・「Weekend Live あんたっちゃぶる」(金曜)の
番組内とこちらのホームページで毎週ご紹介していきます。

また、応募作品の中から、10作品を「個人賞」として選び、番組内とホームページで発表します。

大賀薬局ロゴ
先週の作品紹介 先週の作品紹介
9月26日(月)

春日市立春日原小学校1年1組

三谷 昴士朗

むしさんありがとう。

いろいろなかたちをしていて、きみをみつけるとたのしくなるよ。

ながい、ほそい、まるい、とげとげ、つるつる、ふわふわ。

とてもかっこよくてつよくてきれい。きみたちをみつけにせかいじゅうをぼうけんしたい。

ぼくはむしはかせになりたい。ありがとう。かならずあいにいくよ。

9月26日(月)

直方市立植木中学校2年2組

岡松 葵

ありがとう、私のセーラー服。

初めてあなたを身に包んだ時、私は少し大人になれた気がして嬉しかったよ。

いつも私を「中学生の私」にしてくれるセーラー服。

リボンは少ししおれてきたけど、まだまだ使わせてもらうね。

これからもよろしくね。世界にひとつだけの私のセーラー服。

9月27日(火)

福岡市立堤丘小学校1年1組

木村 海惺

おとうさんありがとう。

おとうさんのおかげでやきゅうがじょうずになったよ。

しごとからかえってきたら、キャッチボールをしてくれるね。おんぶしてくれたりすもうをしてくれるね。

やすみとのきはカレーライスをつくってくれるよね。

カレーライスのたまねぎはたべれるようになったよ。ありがとう。

9月27日(火)

春日市立春日原小学校3年1組

満永 龍樹

ぼくにすもうをおしえてくれてありがとう。

3さいからお父さんの練習につれていってくれて、オムツのうえからまわしをつけてくれて、

しこ、すりあし、ぶつかりをたくさんしてくれてありがとう。

練習がおわったら、ごはんにつれていってくれてうれしかったよ。

こんどは九州チャンピオンになるからね。

9月28日(水)

福岡市立堤丘小学校3年1組

木村 ユウキ

ぼくはまず、お米が一番すきです。

たとえ米がなくなったといわれても、ぼくはその農家の米をつくってくれている人の

近くに自分から行って、おねがいして買わせてもらいたいくらい米が大すきなので

毎日あついけどがんばっておいしいお米を作ってください。

これからも感しゃして米をたべます。

9月28日(水)

春日原小学校3年2組

柳田 瑛音

おじいちゃん、おばあちゃん、いつもありがとう。

いつもおんせんやいろいろな所につれていってくれてうれしいよ。

たん生日に天体望遠鏡をプレゼントしてくれて、とてもうれしかったよ。

月のクレーターがみえてびっくりしたよ。今度いっしょに月をみようね。

二人とも、いつまでも元気でね。大好きだよ。

9月29日(木)

おじい、おばあへ。

いつもマンゴーやソーキそばなどをおくってくれてありがとう。

いつもソーキそばがおいしくて、すごい勢いで食べています。

おばあはいつもおいしい料理「チューリップ」を作ってくれるしやさしい。

おじいはいつもひざにのっけてくれる。ぼくとまくらの位置がおなじ。

いつもありがとう。

9月29日(木)

おねえちゃん、いつもお仕事いそがしくてめいっこのみらんちゃんのおせわで

たいへんな中、ぼくのごはんをつくってくれていつもありがとう。

おねえちゃんのおかげで、ぼくはいつもおなかすいたときにごはんがたべられます。

もうすこししたら、ぼくがおねえちゃんにごはんをつくるね。