和田明日香のア・レシピ

土曜 17:00

スイカのガスパチョと夏野菜のジュレとそうめん

材料(6人分)

ガスパチョ

種を取ったスイカ
1/6個(約700g)
湯むきトマト(フルーツトマト)
2個(150g前後)
飲む酢(巨峰)
60~70ml
おろし生姜
12g
エシャレット
5本
オリーブオイル
50~60ml
小さじ2と1/3

夏野菜ジュレ

ゆず大根甘酢漬け汁
100ml
100ml
湯むきして皮をとった桃
1個
ゆず大根甘酢漬け
適量
茹でたヤングコーン
4本
じゅんさい
1瓶もしくは1袋
ズッキーニ タネを取り縦割り1/4カット
1/2本分
塩トマト
1個
アガー
2g
小さじ1/2

仕上げ

黒胡椒
お好みで
素麺
お好みの量
EXVオリーブオイル
お好みで
花穂紫蘇
お好みで
花付ききゅうり
お好みで
ムラメ
お好みで

作り方

ガスパチョを作る。

1.オリーブオイルを除いた材料を、ミキサーに入れ、スイッチON。
2.最後にオリーブオイルを加えてよく混ぜ合わせ、別の容器に移し冷蔵庫で保管する。

夏野菜ジュレを作る。

3.水とゆず大根甘酢漬けの液体を混ぜやすい物に入れてアガーを加えハンドミキサーにかけ、鍋に入れ沸騰させる。
4.一口大に切ったそれぞれの野菜を茹で、氷水に取り水気をとっておく。
5.桃とトマトは湯剥きし、一口大に切る。
6.溶かしたアガーの液体を熱いまま、茹でた野菜と桃に注ぐ。
7.氷水で粗熱を取って冷蔵庫で保管。
8.素麺をアルデンテの硬さで茹でる。茹でたら氷水に浸して水気をしっかり取る。
9.素麵を深さのある器の中央に盛って、ゆず大根の甘酢漬けを添えてガスパチョをかける。
10.夏野菜ジュレをかけて、EXVオリーブオイル、花穂紫蘇、ムラメ、花付ききゅうりを飾って、お好みでオリーブオイルと黒胡椒をかけて出来上がり!

本日のシェフ

金丸 建博(かなまる たけひろ)
南フランスで長年修業し、日本で大人気となったフレンチレストラン颯香亭オーナーシェフ。
去年、宮若市に店舗を移しさらなる進化を遂げていく。
今回は、“はさむ”をテーマに金丸シェフのテクニックがつまった料理を紹介。

ネバネバとろろおきゅうと

材料(2人分)

おきゅうと
3枚
山芋 すりおろし
大さじ3
めかぶ
大さじ2
すりごま
大さじ3
しょう油
大さじ1
茅乃舎だし 濃いだし
20ml
青ネギ
適量

作り方

  1. おきゅうとを5ミリから7ミリ幅に切る。
  2. 切ったおきゅうとにすりごまとしょう油で下味をつけておく。
  3. 山芋の皮をむきすりおろし、めかぶと合わせてよくかき混ぜる。
  4. 茅乃舎だし1袋に水250mlで濃いだしを作り冷ました濃いだし20mlを③に加え混ぜ合わせる。
  5. 下味をつけておいたおきゅうとにかけ、青ネギを散らして完成!

 

おきゅうとスープ

材料

おきゅうと
3枚
茅の舎だし
1袋
400ml
薄口しょう油
大さじ2
青ネギ
適量

作り方

  1. だしパック1袋に水400mlで基本だしをとる。
  2. だしに薄口しょう油を加え味を調える。
  3. おきゅうとをだしの中に入れ、溶けるまでよく混ぜる。
  4. 青ネギを散らして出来上がり!

 

黒蜜

材料

おきゅうと
3枚
きな粉
大さじ2
砂糖
大さじ1
黒蜜
適量

作り方

  1. おきゅうとを3cm~5cm幅に大きく切る。
  2. きな粉と砂糖は合わせておく。
  3. おきゅうとに②をかけ、黒蜜をかけて出来上がり!

 

おきゅうとサラダ

材料

おきゅうと
2枚
みょうが
2本
大葉
3~4枚
かいわれ
1/4パック
ベビーリーフ
1パック

作り方

  1. おきゅうとを5mm~7mm幅に切る。
  2. みょうがと大葉は粗くみじん切りにする。
  3. かいわれは3等分ぐらいに切る。
  4. ベビーリーフと①~③を加え、混ぜ合わせお好みのドレッシング(青じそドレッシングがお勧め)をかけて召し上がれ!

 

林隆三商店  佐藤美木子さん
※8月は繁忙期のためお問合せに対応出来ない場合がございます。
SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

番組SNS

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
番組
SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube