RKBからのお知らせ

国内外のコンクールで数々の賞を受賞したドキュメンタリー「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」が再び放送決定!

国内外のコンクールで数々の賞を受賞したドキュメンタリー「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」が再び放送決定!

RKBが制作・放送し、国内外のコンクールで数々の賞を受賞したドキュメンタリー番組「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」を受賞記念として終戦の日に合わせ、再び放送されます。

番組名

「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」

放送時間

8月14日(日) あさ5時45分

あらすじ

1945年、日本はポツダム宣言を受諾し敗戦した。連合国によって戦争犯罪人を裁く軍事法廷が開かれ、スガモプリズンではA級戦犯7人のほか、捕虜虐待などでBC級戦犯53人が処刑された。

そのうちの1人、藤中松雄は現在の福岡県嘉麻市の出身だ。海軍に入隊した松雄は終戦の年の4月、沖縄県の石垣島で米兵捕虜3人の処刑現場に立ち会っていた。

亡くなってから70年経って、法廷での松雄の姿が初めて確認された。松雄はどのような戦争犯罪に問われ、裁かれたのか。公文書によって明らかになった裁判の経過と、28歳で命を絶たれた青年が遺した言葉を伝える。

「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」および派生作品の受賞歴

「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」

・日本民間放送連盟賞 番組部門ラジオ教養 優秀賞
・『地方の時代』映像祭 選奨
・石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 草の根民主主義部門 奨励賞

「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」(ラジオ版)

・第48回放送文化基金賞番組部門 優秀賞
・第48回放送文化基金賞番組部門 企画・制作賞

「永遠の平和を あるBC級戦犯の遺書」(英語字幕版)

・ワールドメディアフェスティバル2022 ドキュメンタリー・ヒストリー部門 銀賞

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

バックナンバー