SDGs 古着からバイオジェット燃料・・・国内で初フライト

<リード>

シリーズ「SDGs」、今回は「気象変動に具体的な対策を」がテーマです。古着を原料とした国産のバイオジェット燃料を使った航空機が、4日福岡空港に到着しました。日本初の取り組みです。

<VTR>

4日午後3時ごろ羽田空港から福岡空港に到着した日本航空の319便。国産のバイオジェット燃料を使って飛行した、国内初の定期便です。

記者リポート「この飛行機に使われたのは、もう着なくなったシャツなどの古着から作られた燃料なんです。」

バイオジェット燃料とは、生物由来の資源を原料とする航空燃料のことです。

日本航空は2018年に、「あなたの服で飛行機を飛ばそう」というプロジェクトを立ち上げ、全国から不要になった古着約25万着を回収。日本環境設計など複数の国内企業の協力のもと、古着の「綿」から作るバイオジェット燃料の製造に取り組んできました。

インタビュー

日本航空は、古着を再利用したバイオジェット燃料での運航については「今のところ予定はない」としていますが、今回の知見を生かして「2050年までに、CO2排出量の実質ゼロを目指したい」と話しています。

インタビュー

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE