“飲酒事故で3人重軽傷”男を逮捕~「酒を飲み帰宅中だった」 福岡・篠栗町

福岡県篠栗町で今月21日、飲酒運転をして対向車と衝突し男女3人に重軽傷を負わせたとして、23歳の男が逮捕されました。
男は「飲食店で酒を飲み、車で帰宅中だった」と供述しています。

酒気帯び運転と過失運転傷害の疑いで逮捕されたのは、福岡市東区の建設作業員・梶原雄太容疑者です。

梶原容疑者は今月21日午前0時ごろ、福岡県篠栗町の国道で飲酒運転をして対向車線の乗用車と衝突し、20代の男女3人にけがをさせた疑いが持たれています。

3人のうち2人は、頭や首の骨を折る重傷です。

警察によりますと、事故当時、梶原容疑者の呼気から基準値の4倍のアルコールが検出されていましたが、梶原容疑者は「運転していない」と関与を否定していました。

逮捕後の取り調べに対し、梶原容疑者は「飲食店で酒を飲み、車で帰宅中だった」と供述し容疑を認めているということです。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE