“女子生徒の自殺”いじめとの因果関係を認定し賠償命令 福岡地裁

北九州市の私立高校2年の女子生徒が4年前、いじめを苦に自殺したとされる問題をめぐり、生徒の両親が「日本スポーツ振興センター」に損害賠償を求めていた裁判です。
福岡地裁は、学校内でのいじめと自殺の因果関係を認定し2800万円の支払いを命じました。

この問題は、4年前に北九州市内の私立高校の2年生だった瑞菜さんが、同級生からのいじめをほのめかすメッセージを残して、学校近くの墓地で自殺したものです。

瑞菜さんの両親はおととし、自殺の原因となったいじめが学校の管理下で起きたとして「日本スポーツ振興センター」に見舞金を申請しました。

申請を受けた「日本スポーツ振興センター」は、「いじめが自殺の主たる原因とは認められない」として見舞金2800万円の不支給を決定。

瑞菜さんの両親は去年、この決定を不服として福岡地裁に提訴していました。

25日の判決で、福岡地裁の立川毅裁判長は「学校生活に絶望感を募らせ、自らが受けたいじめに対する抗議を示すために、メッセージを残し自殺を図った」として、いじめと自殺の因果関係を認定。

「日本スポーツ振興センター」に2800万円の支払いを命じました。

●瑞菜さんの父親
「瑞菜がいなくなって4年半、今日やっと原因がわかったことは本当によかったと思います」

瑞菜さんの両親は今後、「学校と加害生徒からの謝罪を求めたい」と話しています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE