再生可能エネルギーから水素~実証事業を開始 福岡・北九州市

再生可能エネルギーを水素として活用する実証事業が、北九州市若松区で始まりました。
水素は燃料電池自動車などに使われます。

実証設備の開所式には、福岡県の服部知事や北九州市の北橋市長などが出席しました。

風力発電や太陽光発電といった再生可能エネルギーは、供給が需要を上回り、電力が余るケースがあることが課題となっています。

25日から本格的に稼働するこの設備では、こうした余った再生可能エネルギーを利用して、二酸化炭素を出さない水素の製造と貯蔵を実現。

この水素を県内3か所の水素ステーションに運び、燃料電池自動車などに使用することで、再生可能エネルギーを余すことなく活用することを目指します。

この事業は来年度末まで行われる予定で、北橋市長は「脱炭素を実現するには水素が鍵。成果をあげたい」と話しています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE