「成人の日」福岡市で成人式~感染に最大限の警戒

「成人の日」の10日、福岡市でも成人式が開かれました。
新型コロナの感染が再拡大する中、最大限の警戒を払いながらの開催となりました。

福岡市の成人式は混雑を避けるために、去年に続いて住んでいる場所ごとに、2回に分けて実施されました。

事前に登録した人だけが、受付で検温や消毒を済ませマスク姿で参加。

座席の間隔を空けるなどの感染対策が取られていました。

第1部では、新成人を代表し大浦啓人さんと金替朱音さんが「一人の大人として自覚と責任を持ち、これからの人生の一瞬一瞬を踏みしめながら力強く歩んでいきます」と誓いの言葉を述べました。

福岡市では1万6000人あまりの新成人が誕生しましたが、式典の出席者はおととしの4割程度の約3800人にとどまったということです。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE