電動キックボードに太陽光パネルから“無線”充電 実証実験

国が規制緩和を検討している電動キックボードに、再生可能エネルギーを無線で充電する実証実験が福岡市で始まりました。

西区のマリノアシティ福岡で行われている実証実験は、路面に設置した太陽光発電パネルから電動キックボードに無線で充電するもので、将来的には走行中の車などにも使用したい考えです。

会場では、電動キックボードと電動ゴーカートの試乗会も行われています。

電動キックボードは道路交通法で原付バイクと同じ扱いとされ、ヘルメットの着用が義務付けられていますが、国は自転車と同じように利用できる方向で検討しています。

この実証実験は今月30日まで行われます。(*試乗会は土日のみ)

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE