大学生はね死亡させたタクシー運転手逮捕~時速120キロで走行か 福岡

福岡市東区で16日、大学生がタクシーにはねられて死亡した事故で、警察は運転していた64歳の男を逮捕しました。

16日未明、福岡市東区箱崎で道路を渡っていた大学生の堀内悠馬さんが、タクシーにはねられて死亡しました。

警察がタクシーのドライブレコーダーなどを調べたところ、事故当時、運転手の男が片手に携帯電話を持ちながら時速約120キロで走行していた疑いが浮上。

警察は、安松滋明容疑者を過失運転致死の疑いで逮捕しました。

調べに対し、安松容疑者は「手に携帯電話は持っていなかった」などと容疑を一部否認しています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE