和田明日香のア・レシピ

土曜 17:00

いちごと野菜の赤いタルティーヌ&蕪のムニエル~晩白柚しょうがソース~

いちごと野菜の赤いタルティーヌ

材料(4人分)

いちご(手でランダムに潰す)
1パック分
ビーツ(0.3㎜スライス4枚&0.3㎜スライスの角切り)
4分の1個
湯むきトマト(角切り)
1個
紅芯大根(0.3㎜スライス4枚&0.3㎜スライスの角切り)
3分の1個分
赤玉ねぎ(微塵切りと輪切りスライス0.3㎜幅)
4分の1個
ラデッシュ(0.3㎜スライス)
2個分
小ネギ(シブレットがあれば、カット方法は、小口切り)
10グラム
オリーブオイル
145ml
バルサミコ酢
大さじ3・1/3
蜂蜜
大さじ1弱
岩塩(フルールドセル)
約5~7グラム
ブラックペッパー
お好みで

~タルティーヌ用~

フランスパン(長さ15センチ程 厚さ:1センチ程)
4枚
ディル(飾り用)
4枚
オリーブオイル(バゲットに塗る用)
4枚

作り方

1.いちごのへたを取り、軽く水洗いする。手でランダムに潰し、大きめのボールに入れて置く。
2.ビーツ、紅芯大根、ラディッシュ、玉ねぎは0.3㎜~0.5㎜幅でスライサーを使ってスライスする。それぞれの野菜を別々に水に晒す。
3.玉ねぎの中心部分3枚のみ取り置き、残りは微塵切りにする。軽く塩揉みし、流水でさらして、よく水気をとる。
4.ビーツと紅芯大根のスライス4枚を取り置きし、残りを適当に刻む。
5.1のボールに、刻んだ材料全部と、残りの材料を全部加え、よく和える。
6.カットしたフランスパンをトースターでトーストし、オリーブオイルを軽く塗る。(お好みで、フレーバー付きのオリーブオイルなどのオイルで楽しんでみても良い)
7.5の具材を、バランスよく6にのせ、輪切りで取っておいた野菜たちものせる。その上からもオリーブオイル、フルールドセルをかけ、ディルを飾ったら完成!

蕪のムニエル~晩白柚しょうがソース~

材料

蕪大サイズ(4枚スライス)厚さ約1.5㎝
1個分
米油
大さじ2杯
無縁バター
適量(晩白柚の量により)
4つまみ
食用花
適量

~晩白柚の和え物ソース~

晩白柚 実と皮(白い部分は取り除く)
3分の1~2分の1個分
生姜(微塵切り)
30グラム
小葱(小口切り『シブレット』)
30グラム
岩塩(フルールドセル)
適量

作り方

1.晩白柚を剥く。実と皮に分ける。皮は、白い部分を包丁で取り除き。水から2~3回茹でこぼす。千切りにする。
2.蕪の皮を剥き、厚めにスライスする。水には漬けない。
3.フライパンに米油を入れ、強火で蕪を両面ソテーする。焼き色が付いたらすぐに取り出し塩をふる。
4.同じフライパンにバターを加え弱火でよく溶かす。晩白柚の実と皮を加え、実をほぐしながら加熱する。
5.ほぐれたら火を止めて生姜、小ネギを加えよく和える。
6.蕪をお皿に盛り付け、バター和えたした晩白柚をのせ、食用花を飾ったら完成!

本日のシェフ

金丸建博(かなまる たけひろ)
南フランスで長年修業し、日本で大人気となったフレンチレストラン颯香亭オーナーシェフ。
昨年、宮若市に店舗を移しさらなる進化を遂げていく。

天草名物 ぶたあえ

民宿秀丸荘  井出尾 徳雄さん・富江さん

材料

タコ
なす
にんじん
玉ねぎ
調味料 味噌・砂糖・みりん
それぞれ目分量で
SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.07.09
  • グルメ
  • テレビ

番組SNS

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
番組
SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube