和田明日香のア・レシピ

土曜 17:00

和牛ステーキ卵のソース

和牛ステーキ卵のソース

材料(4人前)

モモ
400g(約30分前に冷蔵庫から出して常温に戻しておく)
小さじ1
ブラックペッパー
ひとつまみ
バター
50g
ローズマリー
3本
オリーブオイル
適量

卵のソース

3個
ひとつまみ
マスタード
10g
オリーブオイル
10ml

付け合わせ

カーボロネロ(黒キャベツ)
※カツオ菜で代用可
4枚
ロマネスコ
※ブロッコリーで代用可
2分の1個
クレソン
2束
マッシュルーム
4個
食用花

作り方

ステーキの火入れ(フライパン一つで出来るように)から行う

1.肉を焼く直前に下味の塩、ブラックペッパーをつけ、フライパンにオリーブオイルをしいて弱火でゆっくり火を入れていく。
2.肉に焼き色がつく前に取り出し、アルミに包んで15分ほど休ませる。(この15分の間に卵のソースを準備)
3.フライパンで目玉焼きを作るように(黄身には火を入れない)箸を使って白身だけかき混ぜ、白身の部分に火を入れる。
4.焼いた卵、塩、オリーブオイル、マスタードをハンドブレンダーで混ぜ合わせてソースの完成。
5.フライパンにオリーブオイルをしいてローズマリーを入れ香りを移す。
6.ローズマリーを取り出して寝かせておいた肉を焼く。バターをかけながら火を入れしっかり焼き目をつけるように焼いていく。
7.肉に焼き目がついたら再び5~10分寝かせる。(この間に付け合わせを準備)
8.ロマネスコとカーボロネロを軽く下茹で、クレソンとマッシュルームは軽く炒める。
9.肉をカットし、器に付け合わせ盛りつけてソースをかけたら完成。(肉は繊維と逆にカットするようにすれば歯切れよく食べやすくなります)

じゃがいものニョッキ レモンとミントの香り

材料(4人前)

じゃがいも
中3個(約500g)
強力粉
150g
卵黄
1個
少々
パルミジャーノ(チーズ)
適量

ソース

バター
20g
野菜のブロード(だし)
※「茅乃舎 野菜だし」でも代用可能です。
60ml
ミント
適量
パルミジャーノ(チーズ)
適量
オリーブオイル
適量
レモンの皮
適量

野菜のブロード(野菜のだし)

玉ねぎ
1個
ニンジン
1本
セロリ
2分の1本

※その日残った野菜、端の部分、皮の部分なども使います。

鍋に野菜と仕込みで出た野菜の皮などを入れ、水を加えて火にかける。沸騰したら弱火で20分煮込んで完成。

作り方

1.鍋に水、塩を入れて中火でじゃがいもを茹で、竹串がスッと入れば、皮を剥いてこしていく。
2.こしたじゃがいもをボウルに入れ、小麦粉、塩、卵を加えて手で混ぜ合わせる。
3.生地を伸ばして一口大にカットする。
4.鍋に水量の1%の塩を入れニョッキを茹でる。(ニョッキが浮いてきたら茹で上がり)
5.フライパンにバターとオリーブオイルをしいてニョッキと野菜のブロードを入れる。さらにミントを加えて煮詰める。
6.火を消したら仕上げにオリーブオイルをかける。
7.ニョッキを器に盛り、ミント、パルミジャーノ、レモンの皮を加えて完成。

本日のシェフ

松岡悠樹
イタリアで修業後、2010年福岡市内に「テアトロイウキ」をオープン。「手の込んだシンプル」をモットーに劇場のような料理を提供しています。

波佐見焼


ゾエ ラトリエ ドゥ ポトゥリー

陶農レストラン 清旬の郷


季節の贅沢プレート御膳

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

過去の放送内容

2022.11.26
  • グルメ
  • テレビ
2022.11.19
  • グルメ
  • テレビ

番組SNS

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube
番組
SNS
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube