RKB毎日放送株式会社

番組審議会報告

RKB毎日放送番組審議会の議事概要

第653回(2021年2月16日)
第653回番組審議委員会を2月16日(火)午後2時から、RKB毎日放送本社会議室及びWEBリモート会議で開催した。
<審議委員>出席委員  6名
青栁 明彦、安部 進一郎、濱地 信市、平川 俊介、
松藤 幸之輔、村上 和彰
      書面出席  4名
木下 結香子、篠崎 香織、中村 弘峰、松本 義人
<放送事業者>……… 井上社長以下10名

<議題>
①番組審議
②業務報告
<議事の概要>
テレビ番組審議
「ティモンディの やればできる!42.195~別府大分毎日マラソン特別編」2020年2月7日放送(TBS系列28局放送)

体力自慢の人気お笑いコンビ・ティモンディが、体当たりで「マラソン日本記録」の凄さに挑戦。マラソンの東京オリンピック代表選手3人や視覚障がいマラソン女性世界記録保持者などを取材し、マラソン競技の魅力を紹介した。

委員からは、「コロナ禍に負けず、ぶれない目標をもって努力する選手たちのマインドに胸を打たれ、自分も頑張ろうという活力をもらえた」、「男子マラソンのオリンピック代表選考のドラマや、別大毎日マラソンにまつわる話などを楽しむことができる番組だった」、「パラリンピック出場の選手に注目が集まるのは非常に良いことだと思う」、「別府大分毎日マラソンの歴史や結果、記録などをトークなどで器用につないで、マラソンの現状を立体的にとらえる工夫が凝らしてあった」と評価があった。

一方で、「ふだんマラソン選手がどんなトレーニングをしているのか、どういう食生活をしているのか、オリンピックに向けてどんな調整をしていくのか、世界のトップ選手と日本選手とはどんなちがいがあるのか、などの説明がほしかった」、「東京オリンピック日本代表男子選手のみを紹介して、女子の代表選手の紹介がないのはなぜだろうか?」という意見があった。

制作者は、「マラソン選手のすごさを、わかりやすく楽しく伝えることが番組の狙いだった」、「スポーツ番組にバラエティーの要素を取り込むという難しい挑戦だったので、旬のタレントで、アスリートレベルに近い技量をもったティモンディを起用した」、「別府大分毎日マラソンは男子トップレベルの大会なので、男子のオリンピック代表選手3人を選んだ」と説明した。

番組審議会報告に戻る