ダイドードリンコ日本の祭り 舞姫の博多どんたく 令和元年 6月15日(土) 午後2時~

番組内容

福岡市で毎年5月3日・4日に開かれる「博多どんたく」は今年も240万人の人出で賑わいました。その起源は840年の伝統を持つ国選択無形民俗文化財の博多松囃子です。
「どんたく」という名称は明治時代に一度禁止された松囃子を復活させる時にオランダ語で休日を意味するZondag(ゾンターク)からきたと言われています。「博多松囃子」は「福神」「恵比須」「大黒」「稚児」の4流で構成されます。中でも、天冠に舞衣姿の小学生の舞姫が、古式ゆかしく凜として舞う「稚児舞」は、最大の呼び物です。能楽の流れをくむ難しい舞を習得するため、4人の舞姫が、本番まで40回以上の厳しい稽古に耐えてきました。そのがんばりをカメラが追いました。
博多松囃子の流は7月15日の追い山がクライマックスの勇壮な祭り「博多祇園山笠」の各流ともつながりがあります。「春のどんたく」、「夏の山笠」は福岡の2大祭りと言われるゆえんです。「どんたく」のテーマ曲とも言える「ぼんち可愛いや」を2日間、シャモジを叩いて踊り賑わった人々のそれぞれの物語と稚児舞をはじめとする博多の伝統を守ろうと労を惜しまず応援する地域の人々の熱い想いとともに伝えます。

ダイドー祭りドットコム2019 日本の祭り