西南学院プレゼンツ「お話アカデミー朗読会」

西南学院プレゼンツ「お話アカデミー朗読会」

2022年3月5日(土)

公演概要

童話から詩、エッセイまで幅広いジャンルから、元気の出る、勇気が湧く、笑顔になれる、時には涙する、心に響く物語の朗読を西南学院大学 百年館のステージから、心地よい音楽と照明と共にライブ配信でお届けします。
また、朗読コンクール「お話アカデミー」でグランプリ(お話アカデミーキッズ)に選ばれた小学生がRKBアナウンサーと共演します。

期間限定アーカイブ配信も予定しています。

イベント詳細

公演日時
2022年3月5日(土)14:00
無観客開催
会場
西南学院大学 百年館
LIVE配信
RKBラジオ公式YouTubeチャンネルにて配信
出演
<RKBアナウンサー>
下田文代、田中友英、田中みずき、佐藤巧、武田伊央

<お話アカデミーキッズ代表>
小野昭光(小学6年生)

演目

明るいほうへ・わたしと小鳥とすずと・星とたんぽぽ

里の春、山の春

なきすぎてはいけない

実況オウム

時計のない村

私のいらない

メンドリと赤いてぶくろ

おじいさんのランプ

出演者コメント

下田文代 (RKBアナウンサー)
新型コロナで不自由な日常が続いています。こんな時だからこそ、心は自由でいましょう。言葉の翼で旅に出ることができますよ。場所も時代も自由自在。どんなところへも行くことができます。一緒に泣いたり笑ったりしましょう。
田中友英 (RKBアナウンサー)
私は本を読むことが大好きです。自分の想像の世界が広がるからです。この朗読会を聴いて、どうぞ、あなたの想像の世界をお楽しみください。
田中みずき (RKBアナウンサー)
今回もオンラインでの配信となりました。オンラインのよいところは、後日、好きな時に好きなだけ聴いていただけるところでしょうか。何度でも聴きたくなる、そんな朗読をお届けいたします。
佐藤巧 (RKBアナウンサー)
「心を込めて読むことが伝わることになる」「一生懸命練習したことは、その声や姿ににじむ」アカデミー朗読会を通して、子どもたちから学んだ一番のことです。画面越しにもそれが伝わる日になるように、精一杯努めます。
武田伊央 (RKBアナウンサー)
私にとっては母校である西南学院大学で朗読の舞台に立てることを、大変嬉しく思っています。この会場だから、このメンバーだから、この時期だから実現できるこだわりの朗読を、皆さんのご家庭までお届けします。

関連記事

関連キーワード