今日感テレビ│月~金 ごご1時55分

【特集】ルワンダ✕日本 幸せもオシャレもはんぶんこ!

おすすめ情報 話題・人

アフリカ・ルワンダの布地「キテンゲ」

福岡から遠く離れたアフリカと日本を一枚の布でつなぐプロジェクトがあります。狙いは「女性がおしゃれをすることで世界をハッピーにする」というもの。そのプロジェクトの中心となって活躍する1人の女性に密着しました。

鮮やかな色が目に飛び込む布「キテンゲ」。大地や生命を感じさせる、アフリカ生まれの力強い絵柄の生地です。東アフリカで愛されるキテンゲは、現地ではドレスやシャツに仕立てたり腰に巻いて巻きスカートにしたり、雑貨に使ったりと日常生活には欠かせないもの。今回、このキテンゲを使ったプロジェクト「Dress for Two」を発信しているのが太宰府市在住の岡本望さんです。





「Dress for Two」プロジェクト

キテンゲの長さは5,5m。1着の洋服に使う長さはその半分。ということで、1枚の布を「はんぶんこ」にしてルワンダの女性にオシャレをするチャンスを提供。同じ色・同じ柄のキテンゲを半分にして2つの国の女性がお互いに好きな洋服を仕立てます。ルワンダの平均月収は約3000円。しかし洋服を仕立てるとなると1000円かかります。そこで日本の女性が2万円、ルワンダの女性が200円払うことで、ルワンダの女性が無理なく同じファッションを楽しめる!という仕組みのプロジェクトです。プロジェクトを立ち上げたのは、ルワンダ在住の山田美緒さん。「同じ服を着て気持ちをつなげる」「日本とルワンダをファッションでつなごう!」その志に共感した岡本さんが迷わず賛同しました。

洋服作りのアイデアをプロから学ぶ!

日本女性が購入するキテンゲファッションは現地ルワンダで縫製されていますが、日本との技術面の差や表現の違いなどがありました。日本人女性にあうデザインを伝えることに困難を感じていた岡本さんは、香蘭女子短期大学を訪ね、今後の洋服作りのアドバイスを学ぼうと動きました。「同じ女性としてオシャレする喜びを分かち合うこと」。コンセプトに共感した教師や生徒からも、思いがけないアイデアが飛び出します。

オンラインファッションショーを開催!

日本とルワンダをつなぐ、ファッションショーが決まりました。もともとはルワンダで行う予定だったのですが、新型コロナの影響で中止に。そこで今回オンラインでのショーの開催となりました。その舞台となるのは飯塚市の「嘉穂劇場」。ランウェイを歩いたあとラストは、お互いの女性が画面を通じてハイタッチ!ショーの様子はYouTubeで生配信することも決まりました。

日本とルワンダをつなぐ1枚の「キテンゲ」。これからもこの明るい布が、両国の希望の光になってくれれば...と岡本さんは願っています。

●Dress for Two
問:Dress for Two←検索(https://www.dress-for-two.com)
※オンラインで購入可能

・エプロン・・・1万2.000円~
・ワンピース・・・2万円~
・小物・・・2.000円~
・ラップワンピース・・・2万4.000円
・スヌード・・・4.800円
・バッグ・・・4.800円