新 窓をあけて九州 毎週日曜 午前10時放送

9月22日(日)の放送内容

笑顔つなぐ朝ごはん

宮崎県最南端にある串間市。市でありながら人口は1万7000人しかおらず、過疎が進んでいます。その串間市に2018年5月 朝ごはんの店ができました。名前は「まるカフェ」。
オーナーは吉成則子さん(50)。4人の子供を持つ母で、管理栄養士を20年勤めた経験から、朝ごはんのお店をオープンしました。お店は自宅の一角を改装!まるで「我が家」にいるかのような雰囲気です。
管理栄養士の経験を活かした朝ごはんは栄養満点!町に一つしかない朝カフェには、連日お客が集まってきます。ひとなつっこい話口が特徴の則子さん。お客に話しかけ、お客同士をつなげていきます。いつしか、まるカフェは情報交換の場になっていきました。
お店の棚やのれんかけもお客さんが作ってくれたもの。お客の提案で、お店も少しずつ成長しています。そんなある日、お客の提案から串間市名物の朝市に出店することに。
まるカフェに集まるメンバーが試行錯誤、則子さんも朝市に出すメニュー作りをがんばります。毎月一回開催される地元串間市の朝市。新しい店が出店することは町の活性化につながります。ちいさな町にあるちいさな朝カフェの挑戦を描きます。
(製作:MRT宮崎放送 / 日高 七菜子)

9月15日(日)の放送内容

97歳 越中せんせい

毎年8月15日に行われる長崎のお盆の伝統行事「精霊流し」。初盆の故人の御霊をのせた精霊船が西方浄土に流されます。故人を思って作られた精霊船を紹介するテレビ番組があります。『長崎精霊流し』。深夜の放送にもかかわらず高視聴率のこの番組に、解説者として40年出演しているのが、越中哲也さん・97歳です。“越中せんせい”と呼ばれ親しまれ、先生の味のある解説と「あるお言葉」を聴かないとお盆は終われない、と言う長崎人が多くいます。

大正10年、お寺の息子として生まれた越中先生は、思いがけず、郷土史家の道を歩むことになりました。戦後、原爆で焼け残った長崎県立図書館に通う中、郷土史家の先輩方と出会い、歴史の勉強をするよう言われたのがきっかけです。
以来ずっと「ご縁には乗っかる」のが越中流。
長崎市立博物館に長年勤務した後、長崎歴史文化協会の理事長として、歴史文化の発信に力を尽くしました。
協会の事務所には誰もが自由に出入りでき、越中先生に質問したり、語り合ったり。先生の人柄に惹かれて、多い時は年間5000人もが訪れました。
今も、ひとたび街を歩けば、次々と声をかけられる人気者です。
越中先生の魅力と生き方に迫ります。
(製作:NBC長崎放送 / 早田 紀子)

放送時間
//////////////////////////////////////////////////////////////
RKB、MRT、MBC …9月15日(日)15:30-15:45
RKK          …9月15日(日)16:00-16:15
NBC          …9月15日(日)16:30-16:45
OBS          …9月15日(日)13:00-13:15
//////////////////////////////////////////////////////////////