学校給食に金属の異物混入~2校で確認 福岡・北九州市

北九州市教育委員会は、市内の中学校と小学校の給食に、長さ2センチ程度の釘のような金属の異物が混入していたことを明らかにしました。

北九州市教育委員会によりますと、今月11日小倉南区の中学校で生徒が給食を口にしたところ、長さ2センチ程度の金属の異物が混入していることに気づきました。生徒にけがはなかったということです。
また、八幡西区の小学校でも13日に、給食から同様の異物が見つかっています。

この2校で異物が見つかったのは同じメニューで、同じ食材が使われていたということです。ほかの学校で、異物混入は確認されていません。
北九州市教育委員会は、異物が見つかった食材の使用は当面見合わせ、調理業者や食材納入業者に注意喚起を行うことにしています。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE