田植え前にため池の水抜かれる~水利妨害容疑で捜査 福岡・久留米市 

福岡県久留米市にある2か所の農業用ため池で、水を抜かれる被害が発生しました。警察が水利妨害などの疑いで捜査しています。

RKB植高貴寛「こちらのため池は、本来なら木栓の上まで水があったんですが、現在は、ほとんどの水がなくなってしまっています」

田植えなどに使う農業用ため池の水を抜かれたのは、藤山町水利組合が管理する久留米市藤山町の「神野池第2堤」と「キロメキ池」の2か所です。
藤山町水利組合によると、今月28日に「神野池第2堤」の4つの排水口の木製の栓が全て抜かれ、約9割の水がなくなっているのを組合員が発見しました。その後、組合が管理する他の8つのため池を調査したところ、「キロメキ池」の水も3割ほどなくなっていたということです。被害にあった2か所のため池の水は、来月10日以降、田植えのために使われる予定でした。

藤山町水利組合 中尾信昭委員長「ひどいことするなと思ってですね。1日、2日では抜けませんので、藤山町自体は川がありませんから、8か所、9か所の山の堤だけが頼み、命ですから。それをこんなことして大変なことです」

被害にあった2か所のため池の水は、周辺の約80戸の農家が利用していますが、別のため池の水を使うことができるため、現時点では農作業への影響はないということです。
今年2月の時点では、ため池に異常は確認されておらず、警察は何者かが水を抜いた可能性が高いとみて、水利妨害などの疑いで捜査しています。

火曜ドラマ
『夕暮れに、手をつなぐ』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE