小学生が古墳のPR動画制作へ~全長50メートル超の前方後円墳 福岡・宇美町

福岡県宇美町には、3世紀に作られたとされる前方後円墳があります。その古墳をPRする動画を地元の小学生たちが作ることになり、8日、見学に訪れました。

宇美町の光正寺古墳は全長約54メートルで、粕屋郡にある古墳では最も大きい前方後円墳です。8日午前、宇美小学校の6年生約100人が、古墳を見学に訪れました。

学芸員「みんなが座っている丸いところに、お墓が5か所作られていました」

社会科の授業で歴史を学ぶ中で、地元の古墳に興味を持った子供たち。教育委員会の学芸員と協力して、古墳のPR動画を作ることになりました。

児童「遊べるところだと思っていました。古墳の中身はどんな感じなのか知りたい」「ここに王様がいたと聞いたから、宇美町はすごいところなんだなと思いました」

宇美小学校 亀井雄貴教諭「歴史的価値のあるものが校区内にある認識が深まって、歴史に興味を持ったり、宇美町への思いが強くなったりすれば」

3世紀中頃から後半に作られたとされる光正寺古墳は、魏志倭人伝に登場する「不彌国」の王の墓ではないかと考えられています。

宇美町教育委員会の学芸員 松尾尚哉さん「地元の宇美町に、こういう文化財があると知らない人もいるので、子供たちの声で魅力を発信することがうまくできれば」

子供たちが制作したPR動画は、6月下旬ごろに「ユーチューブ」で配信される予定です。

火曜ドラマ『ユニコーンに乗って』

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE