教諭2人逮捕受け臨時の校長会~北九州市教委 外部講師の研修実施へ

今月、北九州市の公立中学校の教諭2人が相次いで警察に逮捕されました。これを受けて28日、市の教育委員会は臨時の校長会議を開きました。

28日午前、北九州市小倉北区で開かれた会議には、市内の小・中学校の校長や保育園の園長など約200人が参加しました。

北九州市では、今月21日に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで、今月25日には酒気帯び運転とひき逃げなどの疑いで、中学校の教諭の男2人が相次いで逮捕されました。

北九州市教育委員会・田島裕美教育長「5日間で2名の教諭が逮捕される事案が発生したことは前代未聞であります」

会議で北九州市教育委員会の田島裕美教育長は「北九州市の教員や学校全体の信頼が崩れる。この状況を一丸となって乗り越えたい」と訓示しました。

市教委は再発防止策として、全ての教員を対象に警察官や弁護士など外部の講師によるオンラインの研修を実施する方針です。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE