飲酒運転疑いの車にはねられ49歳の男性死亡~横断歩道を渡っていた最中 佐賀

佐賀市の国道で横断歩道を渡っていた男性が5日未明、乗用車にはねられ死亡しました。警察は車を運転していた男を酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕しました。

5日午前3時半前、佐賀市松原の警察本部前の交差点で、横断歩道を歩いて渡っていた荒尾彰さん(49)が、直進してきた乗用車にはねられました。荒尾さんは病院に運ばれましたが、まもなく死亡が確認されました。

車を運転していた男の呼気からは基準値の2倍のアルコールが検出されたため、警察は酒気帯び運転の疑いで運転手を現行犯逮捕しました。

逮捕されたのは佐賀県小城市に住む会社員・植田龍雅容疑者(20)で、取り調べに対し容疑を認めているということです。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE