ハート型のひまわり畑 3万本を育てたのは75歳コンビ「みんなが幸せに」

福岡県筑前町の「道の駅」で、3万本のひまわりが見ごろを迎えています。大きくかたどられたハートが連日の暑さをいやしてくれます。

 

ひまわり約3万本

RKB小松久里子「鮮やかな黄色、見ているだけでエネルギーをもらえますよね。実はこのひまわり畑、ハートの形をしているんです」

筑前町の道の駅「ファーマーズマーケットみなみの里」の裏手の畑に咲いた約3万本の「ひまわり」。連日続く暑さにも負けず、いま見ごろを迎えています。

子供「大きかった」
女性「ハートですよね。ひまわり大好きなので、すごくうれしいです。すごくインスタ映えしそうな、早速インスタにあげようと思って」
男性「見事なハートだと思います。形きれいで素敵です」

75歳コンビで管理

ひまわり畑は、約80メートル四方。種植えや草取りなどの管理は、すべて75歳の男性2人が行っています。

担当の原野秀男さん(75)「コロナでみんなふさがっているから、景気づけにいつもと違った形にしようということで、ハート型にしてみました」
担当の平位善充さん(75)「やっぱり形を整える、きれいに芽が出るかどうかが心配でした」

今年初めて「ハート型」に

毎年、畑一面に種を植えて育てていましたが、今年は初めて「ハート型」に。訪れた人をいやしています。

来場者「黄色は元気が出るので、ビタミンカラーですごい今日はよかったです」「本当に今の世の中暗すぎて、こういうことがあることで、少しずつ明るくなったらいいなって思います」

担当の原野秀男さん(75)「途中で豪雨が入って、ちょっと開花時期が遅れたんですけど、それでも何とかお盆前に咲いてくれてよかったと思って。コロナと暑さをぶっ飛ばしてもらおうということでね、ひまわりが効果的に咲いてくれたんじゃないかな」

担当の平位善充さん(75)「やっぱり幸せな気持ちですね。早くコロナが収まって、みんなが幸せに」

ハート型のひまわり畑は、お盆明けぐらいまでが見ごろということです。

火曜ドラマ『君の花になる』
10月18日(火)よる10時スタート

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE