「楽観は許されない」福岡県知事がお盆の過ごし方を呼びかけ

11日からお盆休みという方もいるかと思いますが福岡県の服部知事は10日、県民に対し改めて感染対策の徹底を呼びかけました。

服部知事「普段会わない方と会う機会、会食をする機会も増えてくる。それに伴って感染が広がる懸念もある。楽観は許されない」

服部知事は、医療への負荷は高い状況が続いているとして引き続き強い警戒感を持ってコロナ対応にあたるようコメントしました。

その上で、帰省や旅行の際は無料検査を活用し、高齢者に会う際は家の中でもマスクを着用するなど改めて感染対策を徹底して欲しいと呼びかけました。

福岡県は、発熱外来のある医療機関に対し、お盆期間や休日にも診療するよう協力を要請していて、10日の時点で245の施設が対応することになっています。

火曜ドラマ『君の花になる』
10月18日(火)よる10時スタート

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE