【図解】「もうダメだ・・・」「これからだったのに」失意のどん底 福岡・北九州市の旦過市場が再び炎上

今年4月に起きた大規模火災からの復興を目指していた北九州市の旦過市場一帯。節目となるがれきの撤去完了を目前に、再びあがった火の手に関係者は一様にショックを隠せない。一夜あけ、一帯には無残に焼け落ちた店の瓦礫が広がっていた。

◆前回とほぼ同じ面積が新たに燃えた

イラストの赤で示した部分がRKBの記者が確認した焼損範囲だ。消防発表によると約2000平方メートル。テニスコートに換算すると7.7面に相当する。今年4月の火災で焼けた面積とほぼ同じ面積が新たに燃えたことになる。前回は焼失を免れた老舗の映画館も崩れた。燃え方は激しく、どこにどんな建物があったかすらわからない。

一夜明け、青果店の店主は失意の胸の内を語った。「せっかくお盆前休む前に頑張らないけんと思ってたのに。どうしようもないですね。言葉にならないです。これからどう商売しようか、どうしていけばいいか分からないです」

旦過市場一帯には、長年市民に親しまれている映画館がある。館主の樋口さんは「これからなのにね、復興。きょうもテレビで言ってたじゃないですか、がれきの撤去が終わったと、憩いの場を作るって。うちも何かお役に立てるかと思っていたのに」と力なく語った。

◆建設機械も投入へ、16時間以上たっても火はくすぶる
木造の建物が密集するエリアのため火の回りは速い。消防は41台の車両やヘリを出し、日付の変わった11日午前1時40分ごろに、これ以上燃え移るおそれがなくなったとして「延焼阻止」を発表した。その20分後には、ほぼ消し止めたことを示す「火勢鎮圧」状態になった。


ただ、瓦礫の下でくすぶる小さな火種を一つ一つ確認しながら水をかける作業は今年4月の火災と同じように難航し、16時間以上がたった現在(午後1時時点)も消火活動は続いている。消防は、完全に消し止める「鎮火」に向けて建設機械を現地に入れた作業も始めるという。

◆飲食店の「天ぷら油」が原因か 夜9時ごろに火の手
「天ぷら油に火が入った―」飲食店からの通報が入ったのは10日午後9時前のことだった。まもなく、北九州の台所・旦過市場や隣接する飲食店街の「新旦過横丁」などは激しい炎と黒煙に包まれた。火元近くの店「九州マグロ」の従業員は「シャッターを開けたら煙がずっと回ってきてた感じで、そこからはもう早かったですね、火柱が立って燃え広がりました」と振り返る。

RKB浅上旺太郎「空高く火が上がっています。消防は懸命の消火活動を行っていますが、火の勢いはおさまるどころか増すばかりです」

この頃、駆けつけた店の関係者たちは、目の前の光景に呆然と立ち尽くしていた。

精肉店の関係者「もう分かんない状態。ショックで。お店にお金とか置いて帰ってるから、明日の注文とかあるもんで。なんで何回も何回も…」
飲食店の店主「うちはもうだめ、ちょっともう…ごめんなさい」

◆一度おさまり再び激しい炎


RKBの情報カメラの映像からは、出火から約1時間がたった午後10時ごろに燃え方が最も激しくなったことがわかる。午後11時には炎は見えなくなり、黒煙だけになった。その後は煙の量も減りこのまま鎮火に向かうかと思われた矢先、再びオレンジの炎が立ち上った。

◆大規模な火災はこれで3度目


「北九州の台所」と呼ばれる旦過市場の一帯では、1999年にも大規模な火災があり、木造の建物が密集する場所の防火対策の難しさが浮き彫りになった。消防は避難訓練を強化し警戒を強めていたものの、今年4月に食料品店など42軒を焼く大火が再び起きた。

6月に本格的な復旧工事が始まり、今週になってようやくがれきの撤去が完了するはずだった。復興への歩みを進めるなかで再び火災に見舞われた。

金曜ドラマ『クロサギ』
10月21日(金)よる10時スタート

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE