「夏の甲子園」九国大付が初戦突破 新型コロナ集団感染乗り越えて

熱戦続く夏の甲子園、11日の第3試合に福岡代表・九州国際大学付属高校が登場、初戦を突破しました。

春夏連続で甲子園出場を決めた九国大付属は、強豪・高知代表の明徳義塾と対戦。

大会直前、新型コロナに集団感染し2日間練習ができなかった九国大付属。先発マウンドには3年生のエース、香西一希が上がりますが、3回にタイムリーヒットを打たれ先制を許します。

それでもその裏、打線がすぐさま反撃、チャンスを作り打席には1番小田原義!チーム初ヒットがタイムリーに!同点とします。

4回には先頭の2番中上息吹が2ベースヒットでチャンスメーク。そして、3番の黒田義信!このバントが相手のミスを誘い、1点を勝ち越します。

援護をもらった香西はランナーを出しながらも、要所を締めるピッチング。
9回のマウンドにも上がると…最後まで一人で投げ抜き完投勝利。

九国大付属、コロナ禍の苦境を乗り越え、夏の甲子園で7年ぶりの勝利をつかみました。

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE