夜空彩る1万5千発の花火 関門海峡花火大会 3年ぶり開催

関門海峡花火大会が14日3年ぶりに開催され、1万5000発の花火が夜空を彩りました。

関門海峡花火大会は、北九州市の門司側と山口県の下関側から合わせて1万5000発の花火が打ち上げられる夏の風物詩です。

新型コロナウイルスの感染拡大で2年連続で中止になっていましたが、今年は3年ぶりに開催。

花火の原料や警備の人件費が高騰していることなどから、今年から、観覧エリアを全て有料にしました。

訪れた人は、夜空に浮かぶ大輪の花をスマートフォンのカメラに納めていました。

火曜ドラマ『君の花になる』
10月18日(火)よる10時スタート

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE