“金網越しに話したおやじは死刑囚だった”米兵捕虜を殺害した元戦犯の遺族の思い

77年前の8月15日、戦争は終わりましたが、そのあとも連合軍に拘束され裁判にかけられた人たちがいます。戦犯=戦争犯罪人と呼ばれた人たちです。BC級戦犯として米軍に裁かれ、いったんは死刑を宣告された元戦犯の遺族が抱く思いです。

◆金網越しに話したおやじは死刑囚だった
冬至堅太郎さんの次男・眞也さん(77)「おやじとも会ってないし小さいころは、だって拘置所にいましたから、死刑囚だったんだよね、そしていつ処刑されるかっていう、(まあ順番待ちみたいなもんじゃないでしょうか)そういう状況でなんか僕を連れて私の母がおやじに会わせたかったんでしょうね」

福岡城の跡に置かれた西部軍の主計中尉だった冬至堅太郎さん。1945年、福岡大空襲で母を亡くしました。翌日、司令部に連れて来られたアメリカ軍爆撃機の搭乗員4人の処刑に実行者として関わりました。

翌年、捕虜虐待で戦争犯罪に問われ、東京のスガモプリズンに収監。次男の眞也さんがまだ1歳のころです。

冬至眞也さん「おぼえています、金網越しといいますか、側まで来て会話出来ましたし、格子ごしにですね。これがおやじかと、おやじなんだという風に会ったわけですから。やっぱりこうやっていまそれを反復しても、やっぱりつらかったろうなと思いますね」

◆朝鮮戦争の勃発で減刑
(日記朗読)ついに来たるべき判決の日は来た。絞首刑!これが私に与えられた判決である

1948年12月、絞首刑の判決を受けましたが、2年後、朝鮮戦争が勃発。その翌月、無期懲役に減刑され、1956年に仮出所。10年に渡るスガモプリズンでの日々でした。

冬至眞也さん「あれ(朝鮮戦争)がなかったらおやじ死んでたね、そうかじゃあよかったね。だからね、戦争のおかげで命が助かるなんてのは本人としてはどうかわかりませんが」

次男と9つ離れた三男の克也さんは、減刑後に生まれました。

冬至克也さん「スガモから朝鮮戦争に向かう米軍を見送る一文がありましたけど、かわいそうだなって言ってましたよね」

◆20前後の若い兵が死ぬのか「戦争はいやだ」
(日記朗読)米兵出発。看守から近日中ここは日本政府の管理に移され、米兵は全部朝鮮へ出動すること、すでに一部は出発したことを聞いた。当初に看守として勤務しているのは、大部分が二十才前後の若い兵で、米国から渡って来て間もない未教育のものも大分いる。これらの兵が北朝鮮軍の銃火にバタバタと死ぬのか―と思うと私はかわいそうでならない。彼らもすっかりゆううつな顔をしている。戦争はいやだ。

1958年、スガモプリズンが無くなる際に行われた出所式。堅太郎さんの姿がありました。

冬至克也さん「おやじやん、うれしそうやん、こんな顔。死ぬことを覚悟したはずだもんね、だからおふくろは僕を連れていったんよ。」

堅太郎さんは、1983年、この家で倒れ、68才の生涯を閉じました。晩年は、アジアからの留学生の支援に力を注ぎました。亡くなる5年前にRKBに出演した時の映像(1978年6月12日放送)が残っていました。

◆40人以上のアメリカ兵の捕虜が殺害された
留学生「いつも冬至さんは、いつも冬至さんからお世話になってまして、(優しくして?)ええ優しい人ですね」

冬至堅太郎さん(当時64)「軍人として大東亜戦争に参加した1人ですけど、その当時、日本の軍隊はアジア諸国に大変な迷惑をかけていますよ。」

冬至堅太郎さんが所属していた西部軍では、数回に分けてあわせて40人以上のアメリカ兵の捕虜が殺害されました。いずれも、空襲していた爆撃機の搭乗員です。その慰霊法要が、2年前から福岡市で行われています。

冬至克也さん「私の父、冬至堅太郎は77年前の本日、西部軍事件の処刑の執行者の1人でありました。写真の方々の慰霊に加えまして、あの戦争で犠牲になったすべての方々に哀悼の意を表す次第であります」

◆今の世界情勢は大戦の前夜に酷似
この寺には、堅太郎さんが手を下した4人のために建立したお地蔵さんがあります。

冬至克也さん「戦争は国と国が起こすものであるんですけど、実際に戦場に立つのは国民1人1人が立つわけで、その戦争で戦う人たちっていうのは、相手に個人的な恨みっていうのは何もないと思うんです。犠牲になるのは、結局個人、そこが戦争の非情さというか、理不尽なところだろうと思いますね。昨今の世界情勢はですね、二回の大戦の前夜に酷似しているところであります。一般論ですとか安易な平和論では間に合わないところまできているようなところであります。こういう時にこそ、私たち1人1人が戦争について深く考えることが必要なのではないかと思います」

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE