「街を歩いても刺されなくなった」変わる修羅の街“最凶の暴力団”工藤会トップの死刑判決から1年~福岡

「暴力団の街」と呼ばれるほど福岡県北九州市に暗い影を落としてきた工藤会。そのトップ野村悟被告に死刑判決が下ってから、地元経済には明るい兆しがみえ、商業地の地価は5年前から上昇傾向が続いている。

一方、当の野村被告は控訴後に弁護人をすべて解任した。組員を一網打尽にした「頂上作戦」を指揮した当時の捜査幹部は、判決を先延ばしするための法廷戦術と分析する。

◆かつての「修羅の街」に企業進出約70社

記者リポート「かつては企業の撤退が相次ぎ、修羅の街とも呼ばれた北九州市。街に暗い影を落としていた暴力団の影響力は消えつつあり、経済にも明るい兆しがみえています」

386件。これは2014年以降、北九州市に新たにできた企業や商業施設の数だ(オフィス拡大や工場増設も含む)。特にIT関連企業の誘致が進み70社近くが進出した。また、小倉北区の商業地の地価は5年前から上昇傾向が続いている。

北九州市の市民「街を歩いていて刺されたとか昔は言っていたけど、そういうのはなくなってるんじゃないかなと思います」「古いビルが建て変わり少しずつ街が動いているんだなというのは感じますね」

◆きっかけは「頂上作戦」幹部らを一網打尽に


街が大きく変わるきっかけとなったのが、工藤会トップの野村悟被告をはじめ、組織の中枢にいた幹部らを一網打尽にした「頂上作戦」だった。当時、捜査の指揮にあたった福岡県警のOBで、現在は、暴力追放運動推進センターの専務理事を務める尾上芳信氏に聞いた。

福岡県暴力追放運動推進センター・尾上芳信専務理事「捜査員の中には家族を守るためにちょっと捜査を外さしてもらいたいと申し出る捜査員も中にはおりました。しかし、多くの捜査員は熱い気持ちを持って危険と隣り合わせの状況のなかでもなんとか工藤会を壊滅させたいという思いでした」

野村被告は、元漁協組合長射殺事件や歯科医師襲撃事件など、4つの事件で起訴されました。しかし、トップの指示を示す直接的な証拠はなく、裁判では指揮命令系統の解明が最大のハードルとなった。

尾上専務理事「工藤会の幹部は毎日、野村悟の本家に日参をしながらご機嫌伺いということを毎日やってました。配下の組員がひれ伏すと、そういった状況をとりながら神格化されていって野村被告の指示は絶対なんだという状況が生まれていった」

◆死刑判決に「生涯後悔するぞ」
記者リポート「たったいま、野村被告に死刑判決が言い渡されました」

1審の福岡地裁は「野村被告の指示命令があった」などととして共謀事実を認定し、検察側の求刑通り死刑判決を言い渡した。トップの立件から実に7年。法廷にいた尾上氏も万感の思いで判決を聞いていた。その直後だった。

野村被告「全部推認、推認・・・。公正な裁判をお願いしてたのに、全然公正じゃないね!生涯後悔するぞ!」

尾上専務理事「おそらく本人のなかではですね、無期はあっても有罪ではあっても死刑はないんじゃないかという思いがあったんじゃないかなあと。その不満や憤りが心の声が思わず出たのかなと思いました」

◆他暴力団トップも戦々恐々?公判の推移に注目
野村被告はその後、福岡高裁に控訴した。先月になって担当弁護士たちを全員、解任していたことが関係者への取材で分かった。その思惑について尾上氏は次のように推測する。

尾上専務理事「控訴趣意書の提出期限が7月下旬に迫ったなかの解任となりましたので、控訴審の判決を先延ばしにする。結果として確定判決を先延ばしにして刑の執行を少しでも長引かせたいと、そんな思いもひょっとしたらあるのかなと」

暴力団対策の歴史で大きなターニングポイントとなった死刑判決の波紋はほかの組織にも広がっている。国内最大の特定抗争指定暴力団「山口組」は、公共の場での銃器の使用などを禁止することを通達した。

尾上専務理事「他の指定暴力団のトップらに対する影響が非常に大きいんではないかなと思います。野村被告の公判を今後も注視していくだろうと思いますし、同じような顛末にならないように他団体もこの公判の推移をみながら対応策を練っていくんじゃないかなと思います」

SHARE
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE