参加者半減 福岡市で成人式~密避け2部制に

成人の日のきょう、福岡市で成人式が開かれました。

ただ、新型コロナの影響で参加した人は、去年の半数ほどに減っています。

福岡市博多区の会場には、スーツや晴れ着に身を包んだ新成人が午前中から集まり、正午からの式典に臨みました。

混雑を避けるために、今年は、住んでいる場所ごとに2回に分けて実施され、事前に登録した人だけがマスクをつけて参加しました。

●新成人
「出席するか迷ったけど、みんなに会いたかったので来ました」「こんな時でも誰かの役に立てる看護師になりたい」

式典では、高島市長が「成功の反対は失敗ではない。

どんどん挑戦してほしい」と激励し、新成人の高橋彩奈(たかはし・あやな)さんが「感謝を忘れず挑戦します」と応じました。

今年は出席を見送った人のために、インターネットで会場の様子が中継されました。

福岡市によりますと、先月24日の締め切りまでに第1部に3500人の申し込みがあったものの、実際に出席したのは1800人。

2部を含めた全体の数も9000人が参加した去年の半数ほどにとどまる見通しです。

おすすめ検索ワード