福岡県・小川知事 きょう午後辞職願を提出 肺腺がんで入院中

肺腺がんで入院中の福岡県の小川洋知事が辞職の意向を固め、きょう午後にも辞職願いを提出することがわかりました。
福岡県庁から中継です。

知事不在の状況が続く福岡県庁です。
福岡県の小川知事は「原発性(げんぱつせい)肺腺がん」と診断され、先月から九州大学病院に入院しています。
複数の関係者によりますと、小川知事は4月の公務復帰を目指して治療を続けていましたが、早期の復帰が難しいと判断。きのう夜、服部副知事など県の幹部や支援者などに、辞職する考えを伝えたということです。
けさ、服部副知事はこのように話し、午後には秘書室長とともに九州大学病院に行き、小川知事の話を聞くことを明らかにしました。
小川知事はその場で辞職願を手渡すとみられ、県議会も承認する見通しです。
小川知事は旧通商産業省の出身で、2011年の知事選で初当選しました。
現在3期目で、再来年4月まで任期を残していますが、辞職が認められれば、50日以内に後任を選ぶ知事選が行われることになります。
以上、福岡県庁前から中継でした。

おすすめ検索ワード