福岡市の小中学校で始業式 新学年スタート

福岡市立の小中学校で7日、1学期の始業式が開かれ、新たな学年がスタートしました。

南区にある弥永西小学校の体育館には、2年生と5年生、それに特別支援学級の児童155人が集まりました。

始業式は、新型コロナ対策として2回に分けて実施されたほか、児童代表の挨拶や校歌斉唱が省略されました。

福岡市立の小中学校では、今年度から全ての学年に35人学級が導入され、この小学校では6年生が1クラス増えています。

式では、渡部祐輔校長が「自分の目標のために、何をするか考えて実行しましょう」と挨拶しました。

7日は、福岡市のほか北九州市など、県内の小中学校と特別支援学校644校で、新学期が始まっています。

おすすめ検索ワード