新型コロナ 福岡市医師会「福岡も第4波の入り口」

福岡県でも、新型コロナウイルスの新たな陽性者が、増加傾向を示していることを踏まえ、福岡市医師会は「第4波の入り口」にいるとの認識を示しました。

福岡市医師会の平田会長は「第4波の入り口」という表現を用いて、警戒感を示しました。

福岡県では6日、1日に発表される陽性者が2月26日以来、39日ぶりに50人を超えました。

若年層が目立ち、変異ウイルスに感染した疑いのある患者も、6日だけで30人報告されました。

こうした動向を踏まえ、医師会は「基本的な感染対策を徹底してほしい」と呼びかけています。

会見では、福岡市で15日から始まる高齢者へのワクチン接種をめぐって、クリニックの医師や看護師が、まだ1人もワクチンを接種していないことも明らかになりました。

医師会は、優先的に接種を進めることにしています。

おすすめ検索ワード