【地域医療の危機】新型コロナと闘う医師「覚悟の冬、試練の春、そして"あきらめの夏"」 福岡

「あきらめの夏」。

救急医療の現場で働く医師からは、こうした声も聞かれています。

熱中症などで体調を崩す患者が増える夏に新型コロナの感染拡大が重なり、医療の現場では再び病床がひっ迫し始めています。

おすすめ検索ワード