被爆者が語る「爆発の瞬間」と「黒い雨」 福岡

原爆が投下された後、被爆地周辺に降った強い放射能を持つ「黒い雨」。

この雨に濡れた人や汚染された水を飲んだ人は、放射線の被ばくによって体に障害が起きました。

福岡市に住む被爆者に「爆発の瞬間」と「黒い雨」、そして取り残された「被爆体験者」への救済について話を聞きました。

おすすめ検索ワード