門司税関"偽ブランド品など輸入差し止め"が6年ぶり3万点超

門司税関は、今年上半期に輸入を差し止めた偽ブランド品などが、6年ぶりに3万点を超えたと発表しました。

門司税関が今年上半期に輸入を差し止めた偽ブランド品やコピー商品などは、3万4729点で、このうち約650点が10日に公開されました。3万点を超えたのは6年ぶりです。

内訳は、衣類が3980点と最も多く、次いでメモリーカードなどのコンピューター関連製品が3191点、そしてバッグ類が1873点となっています。

国別にみると、ベトナムからの輸入差し止めが中国に次いで2番目に多く、去年の同じ時期に比べ約4倍に増えています。

門司税関は、「日本語がおかしいサイトなどには疑いの目を持って、信頼できるところから購入してほしい」と呼びかけています。

おすすめ検索ワード