ビル解体現場で一酸化炭素中毒か 作業員倒れ1人死亡 福岡市

13日夕方、福岡市のビルの解体現場で作業員3人が倒れ、このうち1人が死亡しました。

一酸化炭素中毒とみられています。

13日午後5時前、福岡市博多区のビルの解体現場で「作業員が倒れた」と、別の作業員から119番通報がありました。

救急隊が駆けつけたところ男性作業員3人が倒れていて、病院に運ばれましたが、このうち70歳の渡邊孝憲さんが死亡しました。

残る20代と70代の作業員は、命に別状はないということです。

警察などによると、ビルの解体現場には約10人の作業員がいて、倒れた3人は地下で作業をしていたということです。

警察と消防は、一酸化炭素中毒の可能性があるとみて、詳しく調べています。

おすすめ検索ワード