RKB NEWS

再生エネ発電 ”出力制御”の可能性

10月12日(金) 13時41分


九州電力は、太陽光発電など再生エネルギーの事業者に発電停止を求める「出力制御」を、今週末、九州で実施する可能性があると発表しました。

実施されれば全国初となります。

再生エネルギーの「出力制御」は電力の需要と供給のバランスが崩れ大規模停電のおそれがある場合に実施されるものです。

九州地方はあす、あさってともに天候に恵まれ、太陽光による発電量の増加が見込まれる一方、多くの企業などが休みにあたり消費電力は減ることが予想されます。

鹿児島と佐賀で原発4基が稼働し供給力が高まる中、九州電力は今週末太陽光や風力の発電事業者に、一時的な発電停止を求める「出力制御」を実施する可能性があると発表しました。

およそ2万4000の事業者から九電が対象を選びます。

実施されれば離島以外では全国で初めです。

2018年10月12日(金)のニュース