RKB NEWS

工藤会看護師襲撃判決~実行犯に懲役15年

10月30日(火) 19時03分


5年前、福岡市で特定危険指定暴力団・工藤会に看護師の女性が襲撃された事件について、福岡地裁はトップの指示があったと認定しました。

そのうえで実行役の組幹部に懲役15年の判決を言い渡しました。

この事件は、2013年1月、福岡市博多区石城町の路上で看護師の女性が工藤会に刃物で襲撃されたものです。

看護師は工藤会のトップ・野村悟被告が受診した美容整形クリニックで勤務していました。

判決で福岡地裁の足立勉裁判長は、クリニックでの手術をめぐって不満を募らせた野村被告が、組幹部の大石薫(おおいしかおる)被告に看護師を襲撃するよう指示したと認定しました。

そのうえで「被害者に落ち度はなく大石被告は実行役という不可欠な役割を果たした」、「複数回突き刺したり切ったりする残忍な手口」だとして殺意を認め、大石被告に懲役15年を言い渡しました。

2018年10月30日(火)のニュース