RKB NEWS

“姉の首を切りつける”弟を現行犯逮捕

11月5日(月) 12時13分


きのう夜、北九州市小倉南区で、姉を刃物で切りつけ殺害しようとしたとして58歳の弟が現行犯逮捕されました。

きのう午後10時半ごろ、小倉南区石田町で、「首から血を流した人が来た」と住民から通報がありました。

警察官が駆けつけたところ、けがをした65歳の女性と、同居する58歳の弟の2人が自宅の前に立っていて、警察は、「姉を切りつけた」と話した弟の山本勝彦容疑者を現行犯逮捕しました。

姉は病院で治療を受けていますが、命に別状はないということです。

山本容疑者は、姉の首を包丁のようなもので切りつけて殺害しようとした疑いが持たれていて、取り調べに対し、「殺すつもりでやった」と殺人未遂の容疑を認めているということです。

動機については、「言いたくない」と供述していて、警察がいきさつを調べています。

2018年11月5日(月)のニュース