RKB NEWS

東峰村でゆず収穫~福島の農家と商品開発

11月6日(火) 19時31分


こちら、福岡県東峰村の特産品のゆずです。

東日本大震災の被災地・福島県の農家がきょう、収穫に訪れました。

地震と豪雨という災害を経験した農家同士が協力し、復興に向けた商品開発に取り組みます。

東峰村のゆず農園ではきょう、福島市から訪れたりんご農家とJAの職員が地元の農家らと一緒にゆずの収穫を行いました。

これは、去年、福岡県のエフコープとJAふくしま未来が結んだ災害復興に向けた友好協力協定の一環として行われたものです。

被災した農業の再生を目指そうと、それぞれの特産物である東峰村のゆずと福島のりんごを原料にしたジャムを商品化する計画で、今回収穫した130キロのゆずは福島の工場で加工されます。

●福島市のりんご農家・八木沼恵子さん
「すごく良いジャムになると思ってます」

ゆずとりんごのジャムは来年2月から東峰村と福島県内の農産物直売所などで販売される予定です。

2018年11月6日(火)のニュース