RKB NEWS

東区放火で起訴の男~複数の不審火に関与か

11月8日(木) 20時09分


福岡市東区のアパートで起きた放火事件で、逮捕・起訴された男が余罪を供述です。

男が、このアパートで頻発していたほかの複数の不審火についても、関与をほのめかす供述をしていることが分かりました。

東区箱崎に住む無職・川添勝被告は、自宅アパート前の車に火をつけたとして先月、逮捕されきょう放火の罪で起訴されました。

逮捕後の警察の捜査で、川添被告が別の車のボンネットが焼けるなどの複数の不審火にも関わっていた疑いが強まっています。

●川添インタ
「(警察に)変に疑われてるから、こっちが」

川添被告は、今年6月に起きたチラシの不審火の際、RKBの取材に「警察に疑われている」などと話しながら、一連の不審火への関与を否定していました。

捜査関係者によりますと、川添被告は、このアパートで去年8月以降に起きた5件の不審火のうち、複数について関与をほのめかす供述をしていて、警察が裏付け捜査を進めています。

2018年11月8日(木)のニュース