RKB NEWS

自分たちにも採用権限を~口利き町議求める

11月16日(金) 19時34分


消防の採用をめぐる「口利き」容疑で、福岡県築上町の町議が逮捕された事件です。

この町議が、自分がトップを務める委員会に採用の権限を与えるよう会議で発言していたことが分かりました。

■音
「どんな成績であっても採用してほしい」

このような趣旨で現職の町議が不正な働きかけをしたとされる京築広域圏消防本部。

1市4町を管轄する消防で、今月1日に1次試験の合格者が発表されたばかりです。

地元・築上町の町議、吉元成一容疑者は、この試験をめぐって、消防本部の幹部に特定の受験生を合格させるよう迫ったとして逮捕され、きょう身柄を検察庁に送られました。

●神田拓記者
「県警の捜査員が家宅捜索に入ります」

家宅捜索が行われた運営組合。

組織上は本部の上位に位置していますが、職員の採用権限は本部が握っています。

組合の委員長を務めていた吉元容疑者は、試験後に組合側にも採用の権限を与えるよう求めていました。

●上毛町議会・安元慶彦議長
「委員会の議員も採用に加わるべきだと言っていた。何でそんなこと言ったのか分からなかった」

捜査関係者によりますと、吉元容疑者はこの場で、「採用に圧力をかけているのでは」と追及され、関与を否定したことも分かっています。

働きかけはあったのか……、警察は押収した資料をもとに全容解明を進めています。

2018年11月16日(金)のニュース