RKB NEWS

今度は不正受給…~福岡県の職員研修初日に

11月28日(水) 20時06分


相次ぐ職員の不祥事はこれで止まるでしょうか。

福岡県庁で異例の職員研修がきょうから始まりました。

●福岡県小川洋知事
「まず県政の推進にまい進する。同時に再発防止に向けて努力していく」

福岡県がきょうから始めた研修は、職員が交代で1時間ずつロビーに立ち来庁者にあいさつ・案内をするというものです。

去年8月以降県では、飲酒運転や痴漢容疑などで10人の職員が逮捕されています。

これまでにも倫理研修などを行ってきましたが、今回の研修は「公務員としての自覚を持つこと」が目的で、当面、全職員を対象に毎日実施するということです。

その福岡県、今度は60代の男性職員が、親が年130万円以上の生活保護を受給していることを申告せず、15年以上にわたり扶養手当およそ142万円を受け取っていたことが分かりました。

●小川洋知事
「本人はよく知らなかったらしい。我々は、チェックをしっかりやるようにした」

男性職員は「故意ではなかった」として過去5年分のおよそ48万円は返納したものの、残りのおよそ94万円については「地方自治法上の時効で返納の義務はない」として自主返納の求めには応じていません。

県は「県民の税金で支払われており、全額返納を求めたい」と話しています。

2018年11月28日(水)のニュース