RKB NEWS

「初市式」鮮魚市場に活気

1月6日(日) 12時23分


福岡市の鮮魚市場ではきょう今年最初の競りが行われ、競り人の威勢のいい掛け声が響き渡りました。

福岡市中央区の鮮魚市場では、きょう午前3時に初市式が開かれ、最初の競りが始まりました。

トロ箱に入ったブリやタイ、サワラなどの新鮮な魚介類が、威勢のいい掛け声とともに次々と競り落とされていきました。

市場関係者によりますときょうの取扱量は406トンで、例年に比べ3割ほど多いということです。

2019年1月6日(日)のニュース