RKB NEWS

災いはらい福招く 鬼すべ神事

1月8日(火) 12時35分


災いを払い福を招く太宰府天満宮伝統の火祭り「鬼すべ神事」がきのう行われ、大勢の参拝客で賑わいました。

鬼すべ神事は1000年以上にわたって続くとされる太宰府天満宮の伝統行事で、境内の「鬼すべ堂」に住む鬼を煙でいぶして退治し、厄を払います。

「すべ手」と呼ばれる氏子たちがうちわで煙を送り込むと、鬼は壁を壊して抵抗します。

その後、鬼は煙に耐え切れずに逃げ出し、退治されました。

会場にはおよそ9500人の見物客が詰めかけ、勇ましい祭りに見入っていました。

2019年1月8日(火)のニュース