RKB NEWS

小倉北区と若松区 北九州市長選で集計ミス

1月28日(月) 12時57分


一方、その北九州市長選挙では小倉北区と若松区の開票所で投票者数と投票総数が合わないトラブルが起きました。

北九州市選挙管理委員会によりますと小倉北区の開票所で実際の投票者数4万7332人に対し、投票総数が2票多いトラブルが起きました。

詳しく調べたところ、区内の中学校の投票所で投票用紙の残りが本来の数よりも2枚少なかったことが明らかになり、投票用紙が誤って二重交付された可能性が高いということです。

また若松区では投票者数を2万3456人と発表していましたが、実際の投票者数は5人多かったことが分かりました。

選管は「集計ミスがあった」として原因を調べています。

これらのトラブルで確認作業が続いたため、開票の終了はきょう未明までずれ込みました。

2019年1月28日(月)のニュース