RKB NEWS

大雨・地震が同時発生?~福岡市で救助訓練

1月28日(月) 19時43分


災害への備えが急務になっています。

大雨や地震など「複数の自然災害が同時に発生した」場合を想定した救助訓練が福岡市で行われました。

福岡市消防学校で実施された訓練。

福岡地方に大雨警報が発表されほぼ同時刻に救助要請が相次いだという想定で、救助隊員などおよそ80人が次々と現場に向かいます。

道路の陥没によって近づけない車両の追突現場では、救助隊員がロープを使って移動、車内に閉じ込められた人を救出しました。

「震度5弱の地震が発生した」訓練では大雨災害の発生からおよそ1時間後に福岡県西方沖で震度5弱の地震が発生。

隊員らは別の現場に転戦し救助にあたる手順を確認しました。

●福岡市消防局神代茂男消防司令長
「限られた人員・機材をどう有効に優先順位をつけるのかが課題です」

福岡市消防局は、「今回の訓練をふまえ大規模災害に備えたい」と話しています。

2019年1月28日(月)のニュース